施工管理システム導入メリットとおすすめの管理システム5選!

施工管理 システム

施工管理システムは建設現場や工事現場における管理業務を効率化させるシステムです。

施工管理を効率化させることで事業成長や社内環境の改善につながります。

今回は施工管理システムの機能やメリット、おすすめの管理システムを紹介します。

施工管理システムでできること

施工管理システムでできること

施工管理システムを導入すると受発注、請求、入金などの財務管理や施工写真や図面、工程表や作業報告などの管理を効率化できます。

それぞれの作業がシステム導入によりどう変わるのか、具体的に紹介します。

見積り・受注から入金までを管理

施工管理において、現場に出向く時間が多くを占めながら見積書などの書類を作成することは極めて大変なことです。

施工管理システムを使用すると、見積書作成や受発注管理、入金管理まで一連の作業を自動化したり一元化することができます。

また、過去の見積書の引用や、受注履歴の確認も可能なため、新規の書類作成が効率的かつ正確になります。物件ごとの請求額に対する入金額、残金の管理などもできます。

原価管理

工事原価管理には工数がかかるため、現場できていない企業もありますが、トラブルが起こらないようにする、追加工事が発生しても対応できる、原価を抑える工夫を行い利益をあげるために必ず必要なことです。

施工管理システムを利用すると、協力業者からの見積りを紐付けて効率的に原価管理ができ、Excelのデータを反映させて一元管理できます。

また、仕入れ値などの管理はもちろん、総売上に対する原価率の計算も行えます。

工事原価管理とは

工事を行う前に仕入れ値などから実行予算を作成し、予算に則って仕入れを行うことで、企業の利益を上げるよう管理すること

写真管理

施工管理を行う中で、写真を撮影して工事の状況を把握し、現場の写真を使って報告書を作成する機会が多々あります。

現場でスマホの写真を直接システムに取り込んだり、情報を入力することで、事務所に戻って大量の写真を取り込む手間が省け、報告書の作成で別の角度から撮った写真が必要で後日取りに行くという自体もなくなります。

現場指示や作業報告

現場監督としての業務や作業報告が行いやすくなります。

まず、管理システムを導入することによって指示書や工程管理を効率的に行えるようになります。また、オンラインで行えるため現場でデータを確認しながら指示することが可能です。

報告書作成機能を備えたアプリであれば、テンプレート内にある必要事項の記入や写真の添付のみで報告作業が完了します。
チャット機能を備えたアプリでは、細かい指示や伝達事項を手軽に行うことができます。

また作業現場では、スケールを片手に図面を開き、電話で確認をとるというように、さまざまな道具を使い現場管理を行うため荷物も多くなりがちです。施工管理システムがあれば、「撮影」「記録」「保管」「報告」という一連の作業をタブレットやスマートフォン一つで操作可能なため身軽に作業できます。

施工管理システム導入は事業成長に効果的

施工管理システム導入は事業成長に効果的

施工管理システムを導入すると以下のことが実現でき、事業成長につながります。

施工管理の効率化により、自社の課題が解決されるかもしれません。課題と照らし合わせながら見てみましょう。

従業員のワークライフバランスの実現

令和3年2月の建設業における総実労働時間は、調査産業全体が131.0%に対して、建設業は164.2%、所定外労働時間については、全体の9.3%に対して、14.0%と高い数値となっています。

現場監督の業務は、現場の作業やディレクションはもちろん、帰社してからも多くの仕事があります。現場で撮った写真の整理や報告書作成、次の現場に向けての工程表作成など作業は多岐に渡ります。

世間的に言う「3K」のイメージにより社員が増えにくいことも追い討ちとなり、さらに人手不足に陥ってしまっている企業は多いでしょう。

施工管理アプリを導入すると、現場で画像などを直接登録することや移動中の時間を使った作業ができるようになり、残業時間を削減することが可能です。

働き方においてワークライフバランスが重視される今、工数削減の対策が必要です。

また、類似サービスの競合も激しくなってきた中で事業拡大のアイデアなど、システムでもできる作業以外の業務の重要性が増してきている中で、作業の効率化は必須といえます。

【参考】 毎月勤労統計調査 令和3年2月分結果速報等|厚生労働省

人件費削減

システムを導入することで、工数を削減できるため人件費の削減にもつながります。

システム導入費がかかるため一見コストが増えるように感じるかもしれませんが、情報の一元化による作業効率化の実現や現場での作業が可能になることで工数削減につながり、長い目で見ると結果的には人件費削減につながります。

精度向上や情報共有のタイムロス削減

現場と管理部門との連携を図ることも施工管理者の重要な仕事です。

施工管理システムを使用することで、リアルタイムでその場で現場の情報を共有することができます。

また、図面などを印刷せずに済むため、雨で書類が濡れたり紛失する心配もありません。

現場と管理部門の連携は、精度向上や情報共有のタイムロス削減につながります。

おすすめの施工管理システム

おすすめの施工管理システム

さまざまなメリットをもたらす施工管理システムですが、さまざまな種類のシステムが存在します。

ここでは、おすすめの施工管理システムとそれぞれの特徴を解説します。自社の課題や状況に合ったシステムの導入を検討してみましょう。

AnyONE

AnyONE

AnyONE(エニワン)は、顧客情報管理や社員情報管理、施工管理、見積もり作成、入出金管理、アフター管理など様々な機能を備えているシステムです。

エクセルのデータを連携させることもできるという特徴があり、これまで発注管理をエクセルで行っていた企業でもスムーズに業務支援システムに移行することができるでしょう。

またセキュリティ面では、サービスの利用者を制限でき、さらに利用者別にパスワードを設定することもできるため安心して利用できます。

今後、他の機能との連携を考えている企業や従業員がエクセルに使い慣れている企業におすすめです。

【AnyONE(エニワン)編】料金や口コミは?気になる工務店向けサービスを徹底調査!

アンドパッド

アンドパッド

ANDPAD(アンドパッド)は、建設業に特化したクラウド施工管理アプリです。施工管理に必要な図面や工程表、写真など、場所を問わずアプリ上で管理可能です。

管理した資料や写真をそのまま使い、日報や報告書を作成できるため、作成時間を短縮できます。

契約社数2,000社利用社数50,000社を超えており、導入実績を重視して選びたい工務店におすすめです。

【ANDPAD編】料金や口コミは?気になる工務店向けサービスを徹底調査!

SMAC工事管理

SMAC工事管理

SMAC工事管理は、工事業務にかかる手間を削減してくれる建設業向けのソフトウェアです。

見積りから予算管理・発注・請求までの流れを一元化でき、目的に合わせた柔軟なシステム設計が可能です。

建設業をはじめ、「建築」「土木」「舗装」「電気」「設備」といった工事業における多様な業務を総合的にサポートします。

組み合わせとオプションが選べて、利用する機能をカスタムできる特徴があります。

ダンドリワーク

ダンドリワーク

ダンドリワークは、資料や写真、工程表などを一元管理できるほか、入出金管理機能や受発注管理機能も搭載しています。

また、チャット機能もあるため現場と事務所でのスムーズなやりとりが可能です。アプリの使い方に関する説明会や24時間体制のチャットサポートなど導入後のフォローも充実しているため、初めて導入する企業でも安心です。

【ダンドリワーク編】料金や口コミは?気になる工務店向けサービスを徹底調査!

アラジンオフィス

アラジンオフィス

アラジンオフィス必要な機能をコンパクトにまとめた標準型の販売管理・在庫管理パッケージはもちろん、各業界別に精通した知識やノウハウを基に開発された業種特化型パッケージも取り扱っています。

各業種に特化した専属チームによるサポート体制を設けており、導入後のフォローも安心です。あらゆる業種・業態に合うシステムのため、建築業に特化してるわけではありませんが、汎用性のあるシステムです。

まとめ:施工管理システムの導入メリットとおすすめの管理システム

今回は施工管理システムの導入メリットとおすすめの管理システムを紹介しました。

システムを導入することで従業員の負担を減らすとともに効率的に施工管理を行うことで経営改善にもつながります。

従業員の作業時間を増やしたり新しい人材を探す前に一度管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【建築】工事管理・業務効率化システム10社比較!分類別で見るおすすめは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です