【建築】工事管理・業務効率化システム10社比較!分類別で見るおすすめは?

建設業界に特化した工事管理システム・業務効率化システムの導入を検討している工務店は多いのではないでしょうか。一方で、このようなシステムは様々な企業から展開されているため、どのシステムが自社に適しているのかいまいちわからないという担当者もいるでしょう。

今回は、10社の建設業界に特化した工事管理システム・業務効率化システムを比較します。導入を検討している企業の担当者は、ぜひ参考にしてください。

建築システムを選ぶポイント

建築システムを選ぶポイント

ここでは、工事管理や業務効率化に取り組めるシステムを選ぶ際のポイントを7つ紹介します。これらを考慮せずにシステムを選ぶと「自社の業務にあっていない」といった事態にもなりかねないため、比較検討の際はしっかり確認しましょう。

建築システムを選ぶポイント
  • 明確な料金設定
  • 実績
  • 標準機能の充実度
  • エクセルやCADとの親和性
  • 操作のしやすさ
  • カスタマイズ
  • サポート

明確な料金設定

システムの導入にあたっては、コストがかかります。そのため、サービスページにシステムの料金設定がはっきりと記載されているかどうかをチェックしましょう。導入後に必要な機能を整備するには追加料金が必要になるケースもあり、注意が必要です。料金に関して、サービスページの情報だけでは不明確な場合は、システムを提供する企業の担当者に問い合わせるようにしましょう。

実績

これまでにどのような企業にシステムが導入されてきたのか、その実績を確認することも重要です。工務店向けのシステムを探しているのに、工務店への導入実績がないシステムを導入するのはやや抵抗があるのではないでしょうか。機能面のチェックも重要ですが、それと同時にどういった企業が利用しているのか「導入事例ページ」もチェックしておきましょう。

標準機能の充実度

システムによっては、必要な機能が「追加オプション」に設定されているケースも少なくありません。そのため、システム選びの際は、標準機能が充実しているものを選ぶようにすべきです。

一方で、「工務店」と一口にいっても、必要な機能は工務店ごとに異なるはずです。自社にどういった機能が必要なのかも把握しておく必要があるでしょう。

エクセルやCADとの親和性

エクセルですでに顧客管理や発注管理を行っている場合や、業務でCADを使用している場合は、システムにそれらのデータを読み込ませることができるのかを確認しておきましょう。親和性がないと、エクセルとCAD、工事管理システムをそれぞれ別で使用することになるため、非常に面倒です。

操作のしやすさ

いくら優れたシステムでも、現場で使用する人が操作しにくいと感じてしまっては、業務に支障をきたすようになります。そのため、操作性についても確認するようにしましょう。初めて使う人でも、直感的に使用できるようなシステムだと、導入後に問題なく運営できるはずです。

カスタマイズ

システム導入後、「自社の業務に合わせた形にカスタマイズしたい」というケースも出てくるはずです。そのため、システムがカスタマイズに対応しているかどうかも確認しておきましょう。カスタマイズが可能なシステムであれば、費用はかかりますが、導入後に業務に最適な形で運用することができます。

サポート

ITが苦手な従業員だと、システムを十分に使いこなせない可能性があります。そうなると、システム導入に伴う業務効率化を図ることはできません。そのため、導入にあたっては、手厚いサポート体制があることが重要です。講習を受けられるかどうか、導入後のアフターサポートがあるのかどうかなどをチェックしておきましょう。

建築システムを比較した総合結果

ここでは、10社が提供する建設業界に特化した工事管理システム・業務効率化システムを一覧表にして比較します。ぜひ、システム導入時の参考にしてください。

※各業者とも公式サイトの情報を参考に、評価をつけています。(2020/10/17現在)

標準機能エクセル・CADとの親和性操作性カスタマイズセキュリティサポート体制スマホアプリ
AnyONE
ANDPAD◯(CADの記載なし)
ダンドリワーク◯(同上)
工務店クラウドEX◯(同上)×
アイピア*1◯(同上)×
建設BALENA◯(同上)×
CAREECON for WORK*1◯(同上)×
SMAC工事管理-*3◯(同上)×
建て役者*1△*2×
KojiNEO×
◎…充実 ◯…対応可、標準的な充実度 △…充実度が◯より劣る ×…対応なし -…サービスページに記載なし
*1 ベーシックプラン/ビジネスプラン(CAREECON for WORK)の場合。
*2 エクセルデータ取り込みに指定フォーマットあり。*3 8つの機能から必要な機能を選択。

総合評価が高い建築システムは「AnyONE」

先ほどの表の中でも、総合的に高い評価を得ていたのは「AnyONE」でした。AnyONEは、工務店の業務において必要不可欠な機能が標準機能として備わっていることが特徴です。他のサービスはオプションで追加しないといけないものが多いため、コストがさらにかかってしまいます。また、エクセル・CADとの親和性に関しては、データの移行に対応しているため、過去のデータを業務に活用することも可能です。さらに、セキュリティ面に関しては、プライベートクラウドが使用可能なため、安心して利用できます。従業員のアクセス権限を操作できる点も強みの1つです。

項目・分類別で見る!おすすめ建築システム

ここでは項目別・分類別に、建設業界に特化したおすすめの工事管理システム・業務効率化システムを紹介します。

便利が一番!標準機能の充実度で選ぶ

工事管理システム・業務効率化システムを導入するなら、標準機能の充実度が重要です。自社に必要な機能が「オプション機能」だと、追加の費用がかかってしまいます。

ここでは、工務店の業務を幅広くカバーする工事管理システム・業務効率化システムを紹介します。

サービス名サービス詳細
AnyONE・ユーザーの声をシステムに反映し改善し続けている
・全ての工務店の業務に対応
・大手から一人親方まで幅広く利用できる
・エクセルのような感覚で扱える
工務店クラウドEX・工務店業務に関わる幅広い情報を一元管理
・現場や外出先からでも必要な情報にアクセス可能
アイピア・情報共有および情報管理を1つのシステムで行う
・様々な部署の業務に対応
・部署間での情報共有も図りやすい
・直感的に使用できるように工夫
参考:各種サービスホームページ

AnyONE

AnyONE
引用:AnyONE

AnyONE は、多くの工務店に選ばれている業務効率化ソフトです。これまでの導入実績は2,700社を超えています。業界トップクラスともいえるシステムであり、現在もユーザーの声をシステムに反映するなど改善し続けていることが特徴です。

全ての工務店の業務に対応しており、大手はもちろんリフォーム会社や一人親方まで規模に関係なく利用できます。また、電気工事や設備工事の際などにも利用可能です。

操作性も抜群で、エクセルのような感覚で扱うことができます。

工務店クラウドEX

工務店クラウドEX
引用:工務店クラウドEX

工務店クラウドEXは、営業、見積、実行予算、発注、工程、工事台帳、アフターサービスまで工務店業務に関わる幅広い情報を一元管理できるシステムです。

データの一元化を図ることにより、無駄や情報の抜け漏れ、ミスを防ぐことができるため生産性のアップも期待できます。また、クラウド型のサービスなので、インターネット環境があれば、時間や場所に関係なく情報にアクセス可能です。現場や外出先からでも必要な情報をすぐに得ることができます。

アイピア

アイピア
引用:アイピア

アイピアは、建築業やリフォーム業に特化したシステムです。各種工事に関する情報共有および情報管理を1つのシステムで行えるため、業務効率化が期待できます。営業から事務、経理、現場、そして管理者と様々な部署の業務に対応しているため、部署間での情報共有も図りやすくなるでしょう。

さらに、画面のレイアウトやボタンの位置は直感的に使用できるように工夫されているため、パソコンの操作に慣れていない人でも使いこなせるでしょう。サポート体制も整備されているため、安心して導入できます。

10人以下で使いたい!使用人数で選ぶ

ここでは、10人以下で使用したい場合におすすめの工事管理システム・業務効率化システムを紹介します。小規模な工務店での利用にぴったりなので、ぜひ検討してみてください。

サービス名サービス詳細
Koji Neo1名から導入可
・能基本料金は月額30,000円
・1クライアント(1人)の月額料金は3,500円
・工務店に必要な業務はカバーしている
AnyONE3名から導入可
・3人利用で1ヶ月18,000円
・全ての部署で利用できるシステム
・業務の属人化も防げる
・導入後の運用までサポート
建て役者5名から導入可
・料金はプランに応じて3種類
・カスタマイズに柔軟に対応できる
・有償オプションあり
・自社開発のシステム
参考:各種サービスホームページ

Koji NEO

Koji NEO
引用:Koji NEO

Koji NEO は、1名からの導入が可能です。基本料金は月額30,000円となっており、1クライアント(1人)の月額料金は3,500円です。例えば、5クライアントが利用する場合は、月額47,500円で利用できます。

システムが対応している機能は、工事管理、実行予算管理、発注管理、支払管理、入金管理など、工務店に必要な業務は基本的にカバーしています。一人親方にもおすすめのシステムです。

AnyONE

AnyONE
引用:AnyONE

AnyONE は、3名からの導入が可能です。3人で利用した場合、1ヶ月の利用料金は18,000円です。AnyONEは、導入後の運用までサポートしているのが特徴であり、システムが社内にしっかりと定着するまで徹底的にサポートが受けられます。顧客管理、工事・施工管理、見積もり・実行予算・発注管理、入出金管理、アフター管理と工務店に必要な業務全般をカバーしているため、全ての部署で利用できるシステムです。情報共有もしやすいため、属人化も防ぐことができるでしょう。

建て役者

建て役者
引用:建て役者

建て役者は、5名からの導入が可能です。料金は、プランに応じて月額30,000円・36,000円・39,800円の3種類があります。カスタマイズに柔軟に対応できるのが特徴で、業務に合わせたシステムにすることができます。また、有償オプションでは、操作説明会の実施や、定期点検、API連携、添付ファイルの容量追加なども行なっています。

自社開発のシステムであり、長年変わらない体制でサービスを提供しているので、安心感があります。

建築システム10社比較:まとめ

今回は、建築システムを選ぶ際のポイントと、システムを提供する10社の比較、さらには項目別におすすめのシステムを紹介しました。機能はシステムによって異なるため、自社に適したシステムを選ぶことが重要です。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です