無料テンプレートはこちら

建設管理システムとは?機能一覧と自社に最適なシステムの選び方

建設業界の施工管理は複雑で、管理すべき情報が多く効率化が難しい部分です。

しかし、建設管理システムの導入で管理業務をミスなく効率的に行えます。

この記事では、建設管理システムの概要と機能一覧、またシステム選定の際に重視すべきポイントを解説します。

この記事はこんな人におすすめです
  • 建設管理をエクセルで行っているが限界を感じている
  • 建設管理システムの選び方が分からない
  • DX化に伴い業務全般をシステム管理したい

建設管理システムとは

建設管理システムとは

建設管理システムとは、建設の受発注や施工管理、図面や書類を総合的に管理するシステムです。

施工における必要な情報を一元管理できるため、業務効率化に役立ちます。

基本機能は後ほど説明しますが、建設業界のDX化が進む現在において取り入れる企業が増えているシステムです。

建設管理システムを取り入れることで、建設業界で問題になっている長時間労働や人材の獲得が難しいなどの課題を解決できると期待されています。

建設管理システムの機能

建設管理システムの機能

建設管理システムは以下6つのような機能を兼ね備えています。

自社のフローに適合する建設管理システムを選ぶには、機能面の比較は重要です。

まずは建設管理システムで何ができるのかを理解しましょう。

建設管理システムの機能
  • 受注工事管理機能
  • 発注機能
  • 入金管理
  • 実行予算管理
  • 工事原価管理
  • その他付帯していると便利な機能

受注工事管理機能

建設管理システムには、受注行為管理機能が付帯しています。

受注した工事についての以下のような情報を入力・管理する機能です。

クライアントから依頼を受けた現場情報の一覧を管理、検索して必要な情報が取り出せます。

受注工事管理機能
  • 物件情報
  • 契約内容
  • 予算金額
  • 契約日
  • 納期
  • 工期

発注機能

発注機能とは、現場に必要な資材の購入やリースの発注情報を管理できるものです。

また、業者に人材派遣を依頼した際も発注機能で管理します。

発注内容と金額を管理でき、最終的に出た利益と比較して採算が取れているか、確認作業も可能です。

発注情報はデータベースに保管され、必要な時に呼び出しや印刷もできます。

入金管理

契約期間の開始から取引先からの入金情報を管理する機能です。

工事現場の規模が大きいほど分割入金が多くなり、入金管理が煩雑となります。

しかし建設管理システムの入金管理機能で、金融機関データと連携して経理処理が簡易化するでしょう。

支払い漏れのチェック、二重請求のミスも減らせます。

実行予算管理

建設業における実行予算の管理は煩雑は作業になりがちです。

建設管理システムの実行予算管理機能を使用すれば、工事の手段・費用・期間と最終利益を適切に管理できます。

ランダム性が高い建設現場における収支を適切に管理し、健全な経営ができるでしょう。

工事原価管理

工事原価管理機能とは、受注した工事案件毎にかかった原価を管理できる機能です。

また、今後発生する予定の金額管理、売上に対しての減価率の計算も自動化できます。

工事原価の管理は流動的ですが、建設管理システムの機能を使用すれば効率的かつミスなく管理できるでしょう。

その他付帯していると便利な機能

建設管理システムに付帯していると便利な機能を紹介します。

その他付帯していると便利な機能
  • 営業管理
  • 維持管理

可能であれば、建設管理だけでなく自社の業務を一元管理することをおすすめします。

複数システムの利用は、現場作業の負担を増やし、保管コスト・人的コストを高めるからです。

紹介する機能がどのように活用できるかを解説します。

営業管理

建設管理システムに営業管理機能が付帯していれば、商談や顧客情報も同じシステムで管理できます。

営業支援システムを別途取り入れると、営業と現場のデータ連携に支障が生まれます。

しかし、営業管理機能を備えた建設管理システムなら、営業が入力した情報を即座に全社・現場にも共有できるでしょう。

維持管理

施工後のアフター管理機能も備えた建設管理システムがおすすめです。

受注時の情報と一括管理すれば、当初の工事情報や契約情報を探しやすくなります。

建設管理システムは建設DXが進む業界において必須

建設管理システムは建設DXが進む業界において必須

現在の建設業界において、建設管理システムは必須と言って良いでしょう。

建設DXを政府が推進しており、今後数年のうちに工務店・建設業に関わる企業は一気に基幹システムを取り入れると予測されます。

DXを推進すれば、以下のような効果を得られるでしょう。

建設管理システムは建設DXが進む業界において必須
  • 業務効率化
  • 納期遵守
  • 生産性向上
  • 顧客満足度

相互のデータのやり取りや受発注作業を円滑にするためにも、今のうちに建設管理システムを取り入れましょう。

業務効率化

建設管理システムを導入すると、業務効率化が期待できます。

データ保管をクラウドやネットワーク上で行えば、紙の契約書の保管コストや紛失リスクがありません。

また、金融機関のデータを取り込んで入金管理もできるため、経理作業も効率化するでしょう。

オンラインで図面や書面の管理ができる建設管理システムなら、事務所に戻る移動時間・作業の手間を省いて外で作業できます。

納期遵守

建設管理システムで工程の管理を行えば、納期の遵守にもつながります。

結果的にクライアントからの信頼が増し、良好な関係を築けるでしょう。

建設管理システムで現場の状況を可視化すれば、マネージメントも効率化します。

生産性向上

建設管理システムには、予算や原価管理を機能が付帯しています。

日々変動する原価を管理できれば、自社が現時点でどの程度の利益を出せているかを確認できるでしょう。

常に利益率を管理し、コストを管理できれば自社の運用の問題点の早期発見にもつながります。

顧客満足度

建設管理システムを利用して効率的な管理を行えば、納期の遵守や見積り精度の向上にもつながります。

クライアントの満足度も上がり、自社をリピートする取引先も増えるでしょう。

顧客満足度が向上することで、結果的に自社の利益も上がります。

建設管理システムの選び方

建設管理システムの選び方

建設管理システムを初めて導入する場合は、システム選びのポイントが分からないでしょう。

選定時は、以下5つのポイントに留意して選定してください。

建設管理システムの選び方
  • 機能性
  • 操作性
  • 費用
  • エクセルとの親和性
  • 複数端末での使用

建設管理システムを選ぶ際は複数のシステムを比較し、自社に最適なものを選びましょう。

機能性

建設管理システムで最も重要なのは機能性です。

建設管理をする上で必須の機能のほか、自社で必要な機能を洗い出しましょう。

例えばSFAと建設管理システム双方を使っている企業は、この機会に営業管理機能がついた建設管理システムに切り替えることもおすすめです。

操作性

自社社員が簡単に操作できる建設管理システムを選びましょう。

操作性が悪いシステムは、入力作業を非効率にする上、システムの普及を妨げます。

例えば、自社がエクセルで建設管理を行っているなら、エクセルと似た操作感のシステムがおすすめです。

社員に負担がないよう、使いやすいシステムを選びましょう。

費用

建設管理システムの導入にはコストがかかります。

導入形態によっても変わりますが、初期費用や月額費用、メンテナンスのための保守費用が必要です。

また、オンプレミス型のソフトウェアを購入する場合は、サーバー環境の整備も必須。

まずは建設管理にかける予算を決め、その範囲内で運用できるか検討しましょう。

エクセルとの親和性

建設管理システムは、エクセルと親和性があった方が便利です。

既存データをcsvファイルで取り込んだり、逆に出力できるシステムを選びましょう。

取引先のDXが進んでいない場合は、エクセルデータの送受信を頼まれるケースがあるためです。

エクセルと親和性が高く、データの取り出しも容易か確認しましょう。

複数端末での使用

営業や現場の作業員が使用することを想定し、スマートフォンやタブレット端末で閲覧・操作できる建設管理システムを選びましょう。

PCに依存するソフトは、結局事務所へ戻って作業するため、移動時間や作業効率が悪くなります。

スマートフォンから案件を閲覧できれば、情報共有も効率的になるでしょう。

まとめ

建設管理システムは、自社の経営に欠かせない予算管理だけでなく、生産性やクライアントのとの信頼関係の構築にも役立ちます。

今後の建設業界の動向を見ても、DXが進みシステムが必要になることは明らかです。

事前に建設管理システムを導入し、デジタル化に乗り遅れないようにしてください。

この記事では建設管理システムの機能や選び方も解説しましたが、どのシステムを利用すべきか分からない工務店の方もいらっしゃるでしょう。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。