MRとは?建築現場での活用方法とメリット

ARとVRに続いて、注目度が高まっている「MR(Mixed Reality:複合現実)」。

建築現場では、完成イメージの事前擦り合わせや工事中の進捗確認に活用されています。

上手に活用することで、工事の生産性向上や技術育成を期待できる技術です。

MR(Mixed Reality :複合現実)とは

MR(Mixed Reality:複合現実)は、ARとVRが発展した技術です。

CGで作成された仮想現実を、現実世界の映像にリアルタイムで重ねられます。
また、複数人で同じMR空間の情報を同時に共有することもできます。

AR(拡張現実)やVR(仮想現実)単体と比較して、人がより違和感なく体験できることを目指しています。

MR・AR・VR技術は、まとめて”XR”と呼ばれています。

【参考】複合現実(MR)とは HoloLensとは|国土交通省

VRとの違い

VR(Virtual Reality:仮想現実)は、CGなどを用いて作り上げた仮想現実空間、およびその技術の総称です。

近年、VRは商業的にも多用されています。XRの中でも、最も耳にする機会が多いでしょう。

MRとの違いは、現実世界と切り離されている点です。

現実世界に投影されるMRとは異なり、人工的に作成された特定のシチュエーションの中で、疑似体験をします。

VRなら、現実世界とかけ離れた空間に没入できるため、ゲームやフライトシミュレーションなどに活用されています。

ARとの違い

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、CGなどで作成した仮想現実を現実空間に投影し、拡張したもの・技術です。

一見MRと似たもののように感じますが、ARは現実世界にそのままデジタル情報を映し出す技術であり、空間把握はできません。

一方で、MRで作り出す3次元空間においては、仮想現実と現実空間の物同士が相互に影響します。

そのため、MRでは架空の物を現実空間内で配置し、自由に動かすことが可能です。

空間把握現実世界
VR×(作られた世界での疑似体験)
AR×(2D投影のみ)
MR
各XR技術の特徴

MRの市場展望

ARとVRを複合的に応用したMRは、次世代のコンピューティングプラットフォームとして、多方面より期待されている技術です。

日本におけるMR技術は、マイクロソフト社のMicrosoft Hololensが先駆けとなり、さまざまなソフトウェア開発が進みつつあります。

マイクロソフト社は、MRの市場規模について、2020年の61億ドル規模から、2025年には300億ドル超えの市場にまで成長すると予測しています。

先行的な技術であるARやVRと比較して、特にMRの活用方法は、まさに成長途中の段階です。

建築業界を含めたあらゆる現場での応用事例が、これからさらに広がっていくことでしょう。

建築現場でのMR市場展望

さまざまな広がりを見せるMR技術の中でも、製造業や医療、建設業界の「現場」でのMR活用が、大きな成長分野であると見込まれています。

従来の建築現場では、2Dの図面を3D化して解釈する過程を、人の頭の中で行うため、監督者と作業員の間で、認識の差が生じることが多々ありました。

MR技術なら、2Dを3Dにする過程を自動化し、実寸大で目視できます。

リアルサイズで立体的に図面確認ができるため、結果として、認識齟齬による作業のミスや手戻りを防げます。

特に、近年の建築現場では、就業者の高齢化が進行中です。

国土交通省の2016年度データには、建築業就労者の約34%が、55歳以上の高齢者層であると示されています。

まさに今、建築業界は、限られた人材で効率よく作業進捗させることが求められるフェーズです。

MR技術を上手く導入することで、生産性向上の実現に一歩近づくでしょう。

MR技術を活用することで、高齢化が進行する建築現場の生産性向上に役立つ

MRの活用目的

MR技術を工事現場で活用する目的はさまざまです。

ここでは、MRの2つの活用目的を紹介していきます。

活用目的①現場の生産性向上

MRを上手く導入することで、現場の生産性向上が可能です。

例えば、現地でMRを用いたシミュレーションをした上で、その場で施工時に必要な図面を作成します。

作業が始まってからは、図面の3Dモデルを現場に投影することで、作業進捗の確認や墨出しチェックを行えます。

また、施工の問題点や完成イメージとの相違を発見し、作業の手戻りを未然に防ぐことも可能です。

MRを活用すれば、施工のあらゆる局面で発生しうる手間やミスを防ぐことができ、結果的に生産性向上につながるでしょう。

活用目的②技能育成

MRを活用した研修を行うことで、よりリアルに基づいた指導による人材育成ができます。

例えば、イレギュラー発生時の安全対策シミュレーションや、リアルな作業を想定した実践講習などです。

社員教育にも効果的にMRを取り入れることで、従業員1人1人のスキル向上や、作業の安全性が改善ができま

研修用にMR技術を搭載したソフトウェア商品もあり、導入を検討する企業が増えつつあります。

【建設業】新人・若手が成長する教育方法!基本やポイントを解説

建築現場での活用方法

既に建築現場にMRを導入し、業務効率を向上できた成功事例があります。

具体的な活用方法と、それぞれの状況に適したMRソフトウェアをご紹介します。

建築現場での活用方法
  • 完成イメージの事前擦り合わせ
  • 工事中の進捗確認

完成イメージの事前擦り合わせ

工事が完成に近づいたタイミングで、万が一発注元のイメージと違う部分が生じてしまった場合、作業の手戻りが発生し、工期も伸びてしまいます。

例えば、完成イメージとのズレ防止には、「ホロストラクション」が活用できます。

Holostruction(ホロストラクション)とは建設業における様々な課題を解決する一つの手段として、小柳建設とマイクロソフト社が共同開発している複合現実(MR)技術を活用したHololensアプリケーションです。

【引用】Holostrucnion〜ホロストラクション〜-国土交通省

事前に現場のリアルサイズで、クライアントと完成イメージを擦り合わせられます。

イメージのズレによる手戻りを未然に防げるでしょう。

また、階段昇降機の設置イメージを確認する際には、「ホロリンク」も役立ちます。

ホロリンクは、Hololensを開発したアメリカのマイクロソフト社と、スイスのIT企業チュールケ社によって共同で作られた、階段昇降機に特化したMRソフトウェアです。

ホロリンクでは、階段に昇降機を設置した際のイメージを、実際の階段に投影します。

ホロストラクションと同じく、工事の手戻りを防げるほか、データ処理を完全にデジタル化することで、設計上の人的ミスを回避できます。

ミスがない分、40日間ほどかかる工事の納期を、2分の1以下の約2週間まで、短縮が可能です。

工務店が人手不足に対応するには?その対処法を解説!

工事中の進捗確認

工事進捗の確認の際にも、リアルサイズの図面データを現場に投影できるMRが活躍します。

例えば、MRソフトウェア「GyroEye Holo (ジャイロアイホロ)」なら、Microsoft Hololensをデバイスとして使用することで、現場に直接図面データを拡張可能です。

GyroEye Holoは、インフォマティクス社が開発した、設計図面をリアルサイズで現実世界に投影するホログラム技術です。

図面を3Dで投影できるので、現実の進捗と比較しながら、墨出しチェックやメンテナンスが完了します。

もちろん、デザインを検討したり、事前に完成イメージを確認する段階でも使用できます。

【参考】建築分野向けAR/VRシステム「GyroEye(ジャイロアイ)」の 新製品登場|株式会社インフォマティクス

施工計画書作成はテンプレートで効率化!無料のエクセルテンプレート2選

まとめ

工事現場にMR技術を取り入れることで、ミスや手戻りを防いだり、リアルサイズでの図面確認で、スムーズな工事進捗を促すことを実現します

他にもさまざまな業務を効率化できるため、結果として現場の生産性向上が可能です。

さらに、業務効率化ソフトと組み合わせて使うことで、より一層現場の業務効率化・生産性向上につながります。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です