無料テンプレートはこちら

【工務店】IT導入補助金を活用して顧客管理を始めよう!

顧客管理を適切におこなうことは、売上や利益を確保できるだけでなく、顧客との信頼関係構築にもつながります。

しかし、紙を用いたアナログな情報管理では蓄積したデータを生かせず、意味のある顧客管理はおこなえません。

簡単に効果的な顧客管理をおこなうならば、顧客管理ツールの導入がおすすめです。

本記事では、顧客管理の概要とIT導入補助金を活用できる顧客管理ツールについて解説します。

本記事は下記のような方におすすめです
  • 紙での顧客管理に限界を感じている
  • 顧客管理ツールを導入したいが費用がネック
  • 自社に最適な顧客管理ツールを知りたい

顧客管理とは

顧客管理とは

顧客管理とは、下記のような顧客に関連する情報を一元管理することです。

  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 住宅展示場への来場記録
  • 営業活動履歴
  • 契約中の案件情報
  • クレーム・問い合わせ履歴

上記の情報を組み合わせ分析することで、新規顧客の獲得や既存顧客へのフォローをおこないやすくなります。

詳しくは、顧客管理について解説した記事をご確認ください。

建設業において顧客管理の重要性

建設業において顧客管理の重要性

これからの建設業界で、売上と利益を向上させるためには適切な顧客管理が欠かせません。

ここでは、下記2つの観点から建設業における顧客管理の重要性を解説します。

建設業において顧客管理の重要性
  • 顧客との関係維持
  • 情報管理の簡易化

顧客との関係維持

適切な顧客管理をおこない、既存顧客と良好な関係を構築・維持できれば、利益の高い取引が可能です。

マーケティング業界には「1:5の法則」「5:25の法則」と呼ばれる2つの法則があります。

「1:5の法則」とは、新規顧客と取引を開始するコストは、既存顧客の5倍のコストとなる法則です。

「5:25の法則」とは、5%の顧客離れを防止できれば利益率が25%改善するという法則をいいます。

新規顧客を獲得するためには、DMや住宅展示場への集客など、さまざまな販促活動をおこなわなければなりません。

販促活動には大きなコストが掛かり、利益率を悪化させる原因となります。

しかし、既存顧客は一度取引をおこない関係性が構築されているため、新規顧客を獲得するほどの販促活動は必要ありません。

販促活動をおこなわずとも、商談の成立する既存顧客と関係を構築できれば、高利益率の取引が可能となります。

情報管理の簡易化

顧客管理は、顧客に関する大量のデータを一元管理しなければ効果を実感できないため、紙での管理では限界があると認識されてきました。

しかし、近年はITツール登場やエクセルで顧客管理をおこなう方法が広まり、顧客管理が簡易化されています。

顧客管理のハードルが下がり、誰でも顧客管理をおこなえるようになったことも顧客管理の重要性が認識されるようになった要因の1つです。

顧客管理の方法

顧客管理の方法

紙以外の顧客管理の方法は、下記2つがあります。

顧客管理の方法
  • 顧客管理ツール
  • エクセル

2つの方法にはそれぞれメリット・デメリットがあり、会社により最適な方法は異なります。

ここでは、2つの顧客管理方法の特徴とメリット・デメリットを解説するため、顧客管理方法を選択する参考としてください。

顧客管理ツール

顧客管理ツールは、CRMとも呼ばれます。

一般的に、顧客に関する情報をクラウド上で一元管理し、営業活動からアフターフォローまで幅広く活用できるツールです。

顧客管理ツールのメリット・デメリットは下記を参照してください。

顧客管理ツールのメリット
顧客管理ツールのデメリット
  • 情報を一ヶ所に集約できる
  • 情報の属人化がなくなる
  • 場所を問わず情報の共有・更新をおこなえる
  • 使用したい機能が備わっていないことがある
  • 初期費用・月額利用料が掛かる

顧客管理ツールは、情報をクラウド上集めるため「1人の担当者しか案件を把握していない」という事態を防止可能です。

さらにスマホやタブレットからでも、情報の確認・更新をおこなえるため、場所と時間を選ばずに仕事ができます。

しかし、便利な顧客管理ツールですが、製品によっては使用したい機能が備わっていないことがあり、注意が必要です。

また、初期費用と月々の費用が掛かることもデメリットといえるでしょう。

しかし、費用に関するデメリットは「IT導入補助金」の活用で解決します。

IT導入補助金とは、業務の効率化に貢献するITツールを導入すると、国から「5万円〜350万円」の補助金を受けられる制度です。

詳しくは、IT導入補助金について解説した記事をご確認ください。

エクセル

顧客管理は、エクセルでもおこなえます。

エクセルは既に業務で使用している方も多く、使用へのハードルが低いです。

エクセルで顧客管理をおこなうメリット・デメリットは、下記を参照してください。

エクセルのメリット
エクセルのデメリット
  • 初期投資が不要で導入のハードルが低い
  • 使用・維持するためのコストが掛からない
  • 外部から情報の確認・共有ができない
  • 関数やマクロの知識が必要
  • 属人的な管理になりやすい

エクセルは日常的に業務で使用されていることが多く、無料で始められる上、月々の費用が掛からないことがメリットです。

ただし、外部からの情報の確認や共有がおこなえないため、使い勝手が顧客管理ツールと比べ劣ります。

また使いこなすには、関数やマクロの知識が必要となり、エクセルの詳しい担当者の属人的な管理に陥りやすいことがデメリットです。

IT導入補助金の活用が可能なおすすめの顧客管理ツール5選

IT導入補助金の活用が可能なおすすめの顧客管理ツール5選

顧客管理は、誰でも簡単に操作が可能で効果が期待できる顧客管理ツールの使用をおすすします。

しかし「費用負担がネックで顧客管理ツールの導入に踏み切れない」方もいるでしょう。

ここでは、IT導入補助金を活用できるおすすめの顧客管理ツールを紹介します

ツール名サービス詳細
AnyONE・情報は顧客ごとに紐づけられる
・管理者は常に進捗状況を確認できる
・担当者ごとの編集権限を設定できる
myhm for Business・工務店向けのクラウド顧客管理アプリ
・顧客とチャットのやりとりができる
・図面や書類の管理はアプリ上で完結する
売り上げマネージャーOasis・建設業界に特化した利益管理システム
・新規顧客やOB顧客などすべての顧客を管理できる
・導入した設備機器の情報も登録できる
アイピア・建設業向けの業務管理システム
・すべての情報をアイピアに集約できる
・着工日などのイベントも登録できる
工務店クラウドEX・工務店特化のクラウド型基幹業務システム
・多彩な検索条件でターゲットを抽出できる
・アフターフォローに必要な情報も登録できる
【参考】各種サービスホームページ

AnyONE(エニワン)

AnyONEは、工務店・リフォーム会社のための業務効率化システムです。

顧客管理だけでなく、施工管理や見積り作成、入出金管理やアフター管理など工務店業務全般に対応しています。

AnyONEに集められた情報は、顧客ごとに紐づけられるため、情報を探す手間が掛かりません。

情報はクラウド上で管理されるため、経営者や管理者はリアルタイムで営業や施工の進捗状況をチェックできます。

また、編集権限は担当者ごとに設定できるため、セキュリティ対策も万全です。

詳しくは、AnyONEの機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

myhm for Business(マイホム フォー ビジネス)

myhm for Businessは、工務店向けに作られたクラウド顧客管理アプリです。

顧客とのやりとりはチャットでおこなうため、メールよりも簡単に顧客とのコミュニケーションを図れます。

簡単に施工写真の共有も可能です。
顧客はリアルタイムで、マイホームの進捗状況を確認をおこなえるため、顧客に安心感を与えられ、信頼関係構築に役立ちます。

また、図面や書類はすべてアプリ内に保存可能です。
家づくりには大量の図面と書類が必要となりますが、myhm for Businessを活用すれば、必要書類を探す手間がなくなります。

詳しくは、myhm for Businessの機能を解説している記事をご確認ください。

売り上げマネージャーOasis

売り上げマネージャーOasisは、建設業界に特化した利益管理システムです。

下記のように少しでも関係を持った顧客の情報をすべて管理できます。

  • 見込みの薄い顧客
  • 新規顧客
  • 工事中の顧客
  • OB顧客

登録できる情報は、氏名や電話番号など基本的なものから、趣味・性格やイベントの参加履歴までさまざまです。

複数の情報を分析し、自社に関心のある顧客だけにアプローチすることも可能なため、営業活動を効率化できます。

さらに、導入した設備機器や修繕記録も登録でき、アフターフォローの提案やトラブル対応をスムーズにおこなえます。

詳しくは、売り上げマネージャーOasisの機能を解説している記事をご確認ください。

アイピア

アイピア
【引用】アイピア

アイピアは、建設業向けの業務管理システムです。

下記のような情報は、すべてアイピアに集約できるため、欲しい情報は誰でも簡単に検索できます。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号・メールアドレス
  • 物件情報
  • 顧客との打合せ記録

また、見積り提出日や着工日などの重要な日も登録可能で、顧客との約束を守ることに役立ちます。

詳しくは、アイピアの機能や特徴、口コミ・評判を解説した記事をご確認ください。

工務店クラウドEX

工務店クラウドEXは、工務店特化のクラウド型基幹業務システムです。

顧客情報を細かく登録できるだけでなく、多彩な検索条件を元に受注可能性の高いターゲットを抽出できます。

ターゲットを絞ることで、効率的な営業活動をサポートに役立てることが可能です。

現状の不満点や建物検査の結果など、アフターフォローに必要な情報をまとめられるため、リフォーム提案といった商談のチャンスを逃しません。

詳しくは、工務店クラウドEXの機能や特徴、口コミ・評判を解説した記事をご確認ください。

まとめ

本記事では、顧客管理の概要とIT導入補助金を活用できる顧客管理ツールについて解説しました。

これからの建設業界で、利益率を高めていくためには効果的な顧客管理が欠かせません。

簡単に顧客管理をおこなう方法として、顧客管理ツールの導入をおすすめします。

顧客管理ツールといったITツールの導入には、費用が掛かるため二の足を踏んでしまう方もいるでしょう。

しかし、IT導入補助金を活用すれば費用負担を抑えて、業務の効率化に貢献するITツールを導入できます。

本記事を参考に自社に最適な顧客管理ツールを導入し、効果的な顧客管理をおこなってください。

本記事を見ても「最適なツールを選ぶ自信がない」とお悩みの方もいるでしょう。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理

 
AnyONE
【引用】AnyONE

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。