無料テンプレートはこちら

工務店におすすめの施工管理アプリ10選!選び方のポイントも解説

工務店や建設業界にとって、施工管理は欠かせないものです。

より効率的かつ現況を鑑みてテレワークにも対応できる、優秀な施工管理アプリをお探しの方も多いでしょう。

記事では施工管理アプリを選ぶポイントと機能比較、おすすめの施工管理アプリを10個紹介しています。

この記事は下記のような人におすすめです
  • 施工管理アプリを導入したいが、選び方が分からない
  • 現状の施工管理アプリに不満を感じている
  • より施工管理を効率化したい

施工管理アプリを選ぶ7つのポイント

施工管理アプリを選ぶ7つのポイント

施工管理アプリをどうやって選べば良いかわからない、という方は以下の7つのポイントを重視してください。

施工管理アプリを選ぶ7つのポイント
  • 費用
  • 対応している機能
  • 操作性
  • カスタマイズ
  • セキュリティ
  • サポート体制
  • 対応デバイス

せっかくシステムを導入しても、コスト面や使い方が分からないなどのトラブルで、社内に浸透しないケースがあります。

事前にしっかり調査をして、比較検討することで、スムーズに施工管理アプリの導入ができるでしょう。

費用

施工管理アプリを選ぶ際は、費用を比較検討しましょう。

システムによりますが、以下のようなコストが必要となります。

費用
  • 初期費用
  • システム利用料(月額など)
  • サポート料
  • メンテナンス費用

特に月額使用料は毎月の経費に関わる部分で、費用対効果の面も検討すべきです。

また万が一のトラブルに備えてサポートに費用がかかるのか、メンテナンスやアップデートは無料でしてもらえるか、または有料化も確認しておきましょう。

対応している機能 

施工管理アプリを選ぶ際は、対応機能もチェックしましょう。

まず、施工管理をおこなうにあたって以下の機能は、兼ね備えているものを選んでください。

施工管理で重視すべき機能
  • 受注管理
  • 予算管理
  • 発注管理
  • 顧客情報管理
  • 請求情報管理
  • 生産管理
  • 進捗状況管理

施工状況を総合的に判断するためには、以上のような機能が必要です。

また、自社で必要な機能を兼ね備えているオールインワンタイプの施工管理アプリの導入で、システムを一元化して効率よく作業ができます。

例えば、顧客情報と工事現場の図面を紐つけて管理できるなど、書類管理機能もあると便利です。

あとから「この機能も欲しい」と思い、他システムを導入すると、最終的に扱うシステムが増えて業務効率が悪くなることがあります。

また、複数システムを並行して利用することで、管理の一元化が妨げられるなどの不都合もおき得るため、事前に自社で今必要な機能やシステムを洗い出してください。

操作性

システム自体の操作性も非常に重要なポイントとなります。

現場の作業員がシステムを操作しづらい場合は、システムが浸透しなかったり、かえって業務効率を悪くするリスクがあるからです。

例えば、現状エクセルを利用して施工管理をしている企業の場合は、操作がエクセルに似たシステムを導入すると比較的抵抗なくシステム導入が可能です。

事前に操作性を確認したり、デモやトライアルを利用してもらって現場の意見を聞くなどして操作性が良いか確かめてください。

カスタマイズ

施工管理アプリを自社に合わせてカスタマイズできるかも、しっかりチェックしてください。

パッケージソフトやクラウド型ソフトは、カスタマイズができないものもあります。

企業によって施工管理のフローは大きく違うため、カスタマイズができないと「ここは良いけど、この点は不便だ」と不満が出ることになってしまうためです。

ベンダーがついている施工管理アプリなら、ある程度のカスタマイズは可能です。

自社の業務フローに沿って、柔軟にカスタムできる施工管理アプリを選びましょう。

セキュリティ

施工管理アプリの中には、顧客情報や作業員の名前など個人情報や機密情報をたくさん保管することとなります。

重要な情報を守るためにも、セキュリティは非常に重要です。

セキュリティの甘いソフトを使って万が一情報漏洩になれば、企業の信頼が失墜するリスクもあります。

コンプライアンスを考えても、セキュリティを重視して施工管理アプリを選んでください。

サポート体制

施工管理アプリ導入の失敗は、操作が分からないが誰にも聞けず、システム自体が使われなくなることです。

しかし、サポート体制がしっかりしている施工管理アプリなら、不明点があった際に質問したり研修を受けられます。

現場への操作性の浸透のためにも、サポート体制がついている施工管理アプリを選びましょう。

対応デバイス

テレワークを進めている企業や、営業担当の利便性も考えて、マルチデバイスに対応している施工管理アプリを選びましょう。

外出先で施工の状況をチェックして営業先に報告したり、テレワークで自宅でも仕事ができます。

反面、対応端末がPCのみになると結局事務所へ戻っての作業を省略できず、効率化に役立ちません。

アプリなどのモバイル端末にも対応していれば、現場で監督者が進捗チェックをして現場に共有することも可能です。

施工管理アプリを比較した総合結果

施工管理アプリを比較した総合結果

10個の施工管理アプリを、以下の軸で比較しました。

先ほど紹介した選定のポイントに沿って比較しています。

搭載機能エクセル・CADとの親和性操作性カスタマイズセキュリティサポート体制スマホアプリ
AnyONE
ANDPAD◯(CADの記載なし)
ダンドリワーク◯(同上)
工務店クラウドEX◯(同上)×
アイピア◯(同上)×
建設BALENA◯(同上)×
CAREECON for WORK◯(同上)×
SMAC工事管理◯(同上)×
建て役者×
KojiNEO×
◎…充実 ◯…対応可、標準的な充実度 △…充実度が◯より劣る ×…対応なし -…サービスページに記載なし

のちほど各システムの詳細を解説するので、併せて参考にしましょう。

総合評価で最もおすすめなのはAnyONE

総合的にみて最もおすすめの施工管理アプリは「AnyONE」という結果になりました。

「AnyONE」は、搭載している機能の利便性やエクセルとの親和性による操作性の良さ、またマルチデバイス対応な面を見ても、総合的に優れています。

建設DXを進めたい、施工管理をもっと効率化したいという方に非常におすすめなシステムです。

項目を比較して選ぶ!おすすめ施工管理アプリ

項目を比較して選ぶ!おすすめ施工管理アプリ

先ほど紹介した施工管理アプリの中でも、以下の軸で特におすすめのものを紹介していきます。

項目を比較して選ぶ!おすすめ施工管理アプリ
  • オールインワンで便利!標準機能が豊富なシステムがおすすめ
  • 外出中も使える!スマホアプリで選ぶ

システムの詳細を見て、しっかり比較した上で自社に合う施工管理アプリを選びましょう。

オールインワンで便利!標準機能が豊富なシステムがおすすめ

標準搭載の機能が豊富で、オールインワンで利用しやすいのは、以下の6つの施工管理アプリです。

どのような機能が利用できるのかを記載していくので、自社のフローに合うかを確認してみてください。

自社で必要な機能を兼ね備えた施工管理アプリを選ぶ参考となります。

サービス名サービス詳細
AnyONE・営業管理から施工管理まで幅広い機能を搭載
・工務店特化のシステムで業務との親和性が高い
・丁寧親切なサポート体制
・エクセルと同じ操作感でUIも見やすい
建設BALENA・工務店業務に関わる幅広い情報を一元管理
・他システムとの柔軟な連携も可能
工務店クラウドEX・情報共有および情報管理を1つのシステムで行う
カスタマイズが豊富
・操作が簡単で現場に取り入れやすい
アイピア・工程から書類まで幅広い情報を管理
・カスタマイズで労務管理や給与管理も追加可能
建て役者・工務店の契約からアフター管理が可能
業務の可視化で効率アップが図れる
KojiNEO・営業担当から現場担当の作業を管理できる
オンプレミス・クラウド型が選べる
参考:各種サービスホームページ

AnyONE

AnyONE
【引用】AnyONE

利用できる機能が豊富なオールインワンシステムとして最もおすすめなのが「AnyONE」です。

業務効率化を推進する企業2,700社以上に導入されており、業界トップクラスの利用実績を誇ります。

AnyONEで特筆すべきはその機能の豊富さです。

AnyONEの機能
  • 顧客管理
  • 見積り
  • 工程管理
  • 工事管理
  • 物件管理
  • 実行予算
  • 支払い
  • 請求・入金
  • 維持管理
  • 図面・写真管理

「Any ONE」があれば、すべての作業をほぼ管理できると言っても過言ではないでしょう。

CSVの取り込み、出力にも対応しており、エクセルを使い慣れている企業にもおすすめです。

また、図面と顧客情報を紐つけて管理するなど、きめ細かい仕様が整っておりミスなく機密情報の管理ができます。

アフターサポートも充実しており、カスタマイズもできるため、自社のフローに合わせた柔軟な対応が可能です。

AnyOneにはさらに業務を効率化できる機能が多く備わっており、気になる方は詳しく解説した記事をご確認ください。

またAnyONEはすぐに活用できるエクセルテンプレートを配布しています。
システムの導入前に、エクセルテンプレートを使用して社内業務の効率化を体験してはいかがでしょうか。

建設BALENA

建設BALENA
【引用】建設BALENA

建設BALENAは、建設業界に特化した施工管理アプリです。

見積りから請求、現場管理まで一括して情報を管理できることが強みといえます。

初期費用が無料で、導入企業は200社以上の実績のある施工管理アプリです。

建設BALENAは、以下のような管理に適しています。

建設BALENAの機能
  • 図面管理
  • 工事管理
  • 見積り・請求管理
  • 入出金管理
  • 労務管理

システムのカスタマイズもおこなえ、クラウド会計ソフトとの連携も可能なため、労務管理や給与計算までカバーできます。

詳しくは、建設BALENAの機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

工務店クラウドEX

工務店クラウドEXは、テレワークを推進している企業におすすめの施工管理アプリです。

以下のような工事情報を管理できます。

工務店クラウドEXの機能
  • 顧客管理
  • 商談管理
  • 見積り作成
  • 実行予算
  • 工程管理
  • 発注計画
  • 工事管理

データの一元管理を実現させることで、業務効率化・人的ミスの削減を実現できます。

クラウド型のため、テレワークで自宅にいる社員でも操作できるのがメリットです。

詳しくは、工務店クラウドEXの機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

アイピア

アイピア
【引用】アイピア

アイピアは、工務店・リフォーム会社向けに作られた管理システムです。

建設業務の煩雑な工程や書類などを一元管理でき、業務効率と生産性向上を目指せます。

アイピアの機能
  • 顧客管理
  • 営業管理
  • 見積り作成
  • 契約管理
  • 請求・入金管理
  • 発注管理
  • 工程管理

カスタマイズも可能で、必要であれば労務管理や給与管理の機能をオプションで付けることも可能です。

詳しくは、アイピアの機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

建て役者

建て役者
【引用】建て役者

建て役者は、建設業界の経営を見える化するというコンセプトで作られた管理システムです。

利用実績は業界の600社以上で、16年間の実績を誇ります。

建て役者で管理できることをまとめました。

建て役者の機能
  • 顧客管理
  • 営業管理
  • 見積り
  • 契約管理
  • 実行予算管理
  • 工程管理
  • 発注管理
  • 原価管理
  • アフター管理

工務店向けに作られたツールのため、アフター管理や点検日程まで管理可能です。

詳しくは、建て役者の機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

KojiNEO

【引用】Koji NEO

KojiNEOもオールインワンで施工管理ができるシステムです。

対応している管理情報は以下のようなものとなります。

KojiNEOの機能
  • 営業管理
  • 受注工事管理
  • 実行予算
  • 発注完了
  • 業者請求
  • 入金管理
  • 完成管理
  • 工事原価管理

営業から現場担当者まで、幅広い機能を搭載しています。

難点としてはスマホアプリ版がなく、外部での閲覧・使用ができないことでしょう。

PC作業が多く、主に事業所内での使用のみを想定している企業におすすめです。

詳しくは、KojiNEOの機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

外出中も使える!スマホアプリで選ぶ

次に、テレワークや現場での確認もしやすいスマホアプリ対応の施工管理アプリを3つ紹介します。

スマホアプリ対応のアプリを重視する方、テレワークを推進していきたい企業におすすめの施工管理アプリです。

サービス名サービス詳細
ANDPAD・スマホアプリで図面の共有・管理が可能
・チャット機能搭載でコミュニケーションもスムーズに
AnyONE・現場でもクラウドに保管した図面・工程表を閲覧可能
・スマホアプリ・ブラウザに対応
・多機能で営業職から現場の作業員まで利用しやすい
CAREECON for WORK・案件内容や図面をモバイルで閲覧可能
操作が直感的で利用しやすい
参考:各種サービスホームページ

ANDPAD

【引用】ANDPAD

ANDPADは、クラウド型の施工管理アプリです。

建設業界に特化したシステムで、スマートフォンからの操作・管理もできます。

営業管理から見積り作成、工程管理をクラウドで行えます。

また、チャット機能も搭載しており現場とのスムーズなコミュニケーションを促進し、テレワークでも不便なく業務を遂行できるでしょう。

詳しくは、ANDPADの機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

AnyONE

AnyONE
【引用】AnyONE

AnyONEも、モバイル端末で閲覧できるアプリに対応しています。

工程管理表を現場で確認して、作業員それぞれが進捗を把握でき、効率化に役立つでしょう。

また、クラウドに取り込んだ図面を現場で参照できるため、図面の持ち歩きも要らずペーパーレスを目指す工務店にもおすすめです。

AnyOneにはさらに業務を効率化できる機能が多く備わっており、気になる方は詳しく解説した記事をご確認ください。

またAnyONEはすぐに活用できるエクセルテンプレートを配布しています。
システムの導入前に、エクセルテンプレートを使用して社内業務の効率化を体験してはみてはいかがでしょうか。

CAREECON for WORK

【引用】CAREECON for WORK

CAREECON for WORKもスマホアプリで施工管理が可能な施工管理システムです。

図面の管理や閲覧、案件内容をモバイル端末で管理・共有ができます。

直感的な操作で使用できるので、モバイルが苦手な社員にも浸透しやすいでしょう。

詳しくは、CAREECON for WORK 施工管理の機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

 まとめ

施工管理アプリは、建設DXを推進するうえで大きな役割を担います。

今から建設DXを取り入れる工務店担当の方は、記事の内容も参考にして多機能かつモバイルにも対応している施工管理アプリを選びましょう。

しかし「どの工事管理ソフトが良いのか判断できない」と悩む方もいるでしょう。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。