使えるくらうど工事台帳V3とは?機能や料金、評判・口コミを紹介

『使えるくらうど工事台帳V3』は建設業業務支援システムです。

建設業向けに作られており、日報作成や見積り作成、実行予算、発注や原価などを一元管理できます。

本記事では、建設業の業務を効率化する『使えるくらうど工事台帳V3』について紹介します。

使えるくらうど工事台帳V3とは?

【引用】使えるくらうど工事台帳 紹介動画-YouTube

『使えるくらうど工事台帳V3』はクラウド上ですべての業務を管理できる、建設業業務支援システムです。

日報や現場のスケジュール、見積り作成や売上管理、実行予算管理や原価管理など建設業のさまざまな業務に対応しています。

またクラウド上ですべての機能を使えるため、ネット環境さえ整っていれば、移動時間にも仕事を進められ、帰社後の事務作業がなくなり、残業時間の削減にもつながるでしょう。

すべての情報をクラウド上で管理するため、ペーパーレス化につながり、書類の保存場所に困ることはなくなります。

パソコン操作が苦手な方でも、分かりやすい画面と操作方法で簡単に利用可能です。

会社概要

『使えるくらうど工事台帳V3』を開発・販売しているアサクラソフト株式会社は平成8年8月8日に設立されました。

会社概要は下記の通りです。

社名アサクラソフト 株式会社
所在地〒708-0814 岡山県 津山市東一宮51−1
[TEL] 0868-27ー7266 [FAX] 0868-27-7302
設立年月日平成8年8月8日
資本金3,800万円
事業内容CMS開発・販売
クラウド型データベースシステム開発・販売
建設業向けソフトウェア開発・販売
取引銀行広島銀行津山支店、中国銀行津山支店
URLhttp://www.asakurasoft.co.jp
【引用】会社概要-使えるくらうど工事台帳V3

使えるくらうど工事台帳V3のサービス

使えるくらうど工事台帳V3のサービス

『使えるくらうど工事台帳V3』のサービスを下記の用途別に紹介します。

使えるくらうど工事台帳V3のサービス
  • 見積り管理
  • 実行予算管理
  • 原価管理
  • 支払査定
  • 売上・入金管理
  • 問い合わせ画面・帳票出力
  • 日報入力
  • スケジュール管理

見積り管理

使えるくらうど工事台帳V3 見積り管理
【引用】見積管理機能-機能一覧

直感的な操作で見積り作成で可能で、業務を効率化します。

最大5階層の見積りに作成ができるため、小規模から大規模工事までさまざまな規模の工事に対応可能です。

また下記の計算も行えるため、見積り作成に手間が掛かりません。

  • 歩掛
  • 法定福利費計算
  • 材料ごとの諸経費計算

PDF見積り書として出力可能です。

あらかじめ用意されたレイアウトパターンを組み合わせ可能で、見た目を整える作業に時間を使いません。

レイアウトの例
  • 表紙の有無
  • 表紙合計金額
  • 明細形式
  • 用紙方向
  • フォントタイプ
  • 印鑑欄

ただし、見積り管理機能はオプションとなるため注意が必要です。

実行予算管理

使えるくらうど工事台帳V3 実行予算
【引用】工事台帳機能-機能一覧

実行予算は、工種や仕入先ごとの大まかな予算管理、または明細単位の詳細な予算管理の2パターンに対応しています。

見積り書の見積りデータの活用や過去予算の参照も可能で、経験の浅い担当者でも効率的に正確な実行予算を作成可能です。

またクラウド上での承認(電子承認)ができます。
管理者は移動時間などの空き時間を利用して承認業務を行えるため、承認待ちの時間を減らせ会社全体の生産性が向上するでしょう。

さらに予算作成と同時に発注書のPDFも発行可能です。
発注書ごとに支払条件や備考などの情報も一括で追記・修正できます。

工事台帳管理

『使えるくらうど工事台帳V3』上に入力された工事ごとの情報を自動集計して、工事台帳を作成します。

工事台帳で確認できる項目の一例
  • 材料費
  • 労務費
  • 外注費
  • 経費
  • 契約金額
  • 請求や入金状況

上記の情報が1つの画面に集約されるため、情報確認のための時間を削減可能です。

また別画面の工事台帳問い合わせ画面では、明細なども確認と印刷ができます。

原価管理

工事または仕入先を選択して、簡単に原価データの入力が可能です。

また下記のような原価項目をあらかじめ登録しておけば、マスタを選択するだけで自動入力されます。

登録できる原価項目の一例
  • 名称
  • 仕様
  • 単位
  • 単価

「実行予算で登録した原価項目を絞り込んで入力」「実行予算に対する予算残などを確認しながら原価データの入力」も行え、効率の良い方法を工事ごとに選択可能です。

支払査定

原価管理で入力した仕入原価に対して、支払査定が可能です。
また査定の区分は下記の3つから選択できます。

  • 仕入先
  • 工事
  • 発注No

出来高払いの際の支払額調整や各種控除の調整も行えます。
さらに支払通知書や支払予定一覧表として出力も可能です。

売上・入金管理

工事ごとに売上データを入力して、請求書の発行が可能です。
入力は仕入原価や見積りデータを参照しての入力もできます。

さまざまな書式パターンがあり、請負先に合わせた請求書の発行が可能です。
また、請求問い合わせとして一覧確認もできます。

問い合わせ画面・帳票出力

使えるくらうど工事台帳V3 問い合わせ画面・帳票出力
【引用】問合画面・帳票出力機能-機能一覧

クラウド上でデータの管理をしているため、場所・時間を問わず集計されたデータの確認が可能です。

画面上での確認だけでなく印刷も可能で、マーカーでチェックした印を付けるなどといった自己チェックもできます。

日報入力

使えるくらうど工事台帳V3 日報入力
【引用】日報入力機能-機能一覧

ネット環境があれば、現場や出先からでもスマホで日報の作成が可能です。

分かりやすい入力フォームに沿って、勤務時間を入力するだけで日報が完成するため、日報作成の手間は掛かりません。

さらに、入力軸を工事や作業者で選択できます。
「現場所長が工事軸で部下の日報をまとめて入力する」「作業員がそれぞれ自分で入力する」など会社の方針によって運用方法を選ぶことが可能です。

日報データをシステム内で自動集計し、工事別や作業者別で出面帳票として出力もできます。
データが自動集計されるため、転記作業が不要で残業時間の集計ミスや重複入力の手間が削減可能です。

スケジュール管理

使えるくらうど工事台帳V3 スケジュール
【引用】スケジュール機能-機能一覧

クラウド上でスケジュール管理も行うため、最新のスケジュールを共有可能です。

カレンダー方式でスケジュールが表示されるため、どの現場にどの作業員が配置されているのか一目で確認できます。

さらに、現場と作業員の予定が連動するため、スケジュールの矛盾は起こりません。

使えるくらうど工事台帳V3の特長

使えるくらうど工事台帳V3の特長

使えるくらうど工事台帳V3の特徴は下記3つです。

使えるくらうど工事台帳V3の特徴
  • スマホ対応
  • インボイス制度に対応した適格請求書
  • 快適な操作性

スマホ対応

日報の作成などスマホでの操作に対応している業務もあります。

直行直帰や帰社後の事務作業を減らすことで、残業時間の削減になり働き方対策を行うことが可能です。

インボイス制度に対応した適格請求書

インボイス制度に対応している適格請求書の発行ができます。

適格請求書の記載事項は下記の通りです。

適格請求書の記載事項
  1. 適格請求書発行事業者の氏名または名称および登録番号
  2. 取引年月日
  3. 取引内容(軽減税率の対象品目である旨)
  4. 税率ごとに区分して合計した対価の額および適用税率
  5. 消費税額等
  6. 書類の交付を受ける事業者の氏名または名称

インボイス制度とはいくつかの記載要件を満たした適格請求書などを発行保存しておく制度です。

適格請求書を保存しておくと、仕入側は消費税の仕入額控除を受けられます。

快適な操作性

パソコン操作が苦手な方でも、簡単に扱えるように設計されています

建設業向けに設計されているため、機能が厳選されておりスムーズな入力作業が可能です。

また公式サイトによると「他システムからの乗り換えのお客様にも好評」とのことで、他システムよりも操作性は高いといえるでしょう。

使えるくらうど工事台帳V3の料金

使えるくらうど工事台帳V3の料金

公式サイトに料金の記載はありません。
しかし従来のシステムと比べて大幅にコストカット可能との記載がありました。

インターネットにつながる環境であれば、どこでもシステムを利用することができ、従来のような管理システムに比べ導入コストも大幅にカットできます。

【引用】よくお問い合わせを頂くご質問-使えるくらうど工事台帳V3導入

また『使えるくらうど工事台帳V3』は、システム構成やオプションによって利用できる機能が変わます。
詳しくは下記表を参照してください。

使えるくらうど工事台帳V3導入の流れ

使えるくらうど工事台帳V3導入の流れ

導入の流れについて公式サイトに記載はありませんでした。
デモの申し込みを受け付けており、導入前に操作性を確認することは可能です。

導入の流れを知りたい方やデモの申し込みたい方は、問い合わせが必要です。

また、使えるくらうど工事台帳V3の対象ブラウザは、下記の通りです。

・Google Chrome
・Mozilla Firefox
・Microsoft Edge

※Microsoft Edgeは、2020年1月リリースのChromiumベースの新版に限ります。旧版は対象外です。
※スマートフォンは、ios・androidどちらの場合もGoogle Chromeをお使いください。
※機能によっては、スマートフォン対応していない場合もございます。
※上記記載ブラウザ以外の動作保証およびサポートはいたしかねます。

【引用】対象ブラウザ-使えるくらうど工事台帳V3

使えるくらうど工事台帳V3利用者の本音をチェック!

使えるくらうど工事台帳V3利用者の本音をチェック!

使えるくらうど工事台帳V3の利用者はどのような本音を持っているのでしょうか。

口コミを確認してみましょう。

使えるくらうど工事台帳V3の口コミ

指定のPCでなくても複数台で同時に使えるようになり、コストも低価格で抑えられるのが良い。PCやサーバーが壊れてもデータを失うことがないので安心して使用できることや、現場や出先からでも日報入力、台帳管理、運用が可能となりとても便利になった。

【引用】活用事例-使えるくらうど工事台帳V3

別々のエクセルで作成していた台帳や集計表の作成の手間が省けるとともに、クラウドなので現場や出先からでも日報入力・台帳管理・運用が可能となった。指定のPCでなくても複数台で同時に使えることや見積もマスタ選択により効率よく作成でき、業務効率アップにつながり満足度もアップした。

【引用】活用事例-使えるくらうど工事台帳V3

どこからでも同時に使えるようになり、各社員が出先から見積・工事情報を確認できるので業務効率がアップした。スケジュール・見積・工事情報・仕入先情報・請求書などバラバラだった管理が一元管理できるのですごく助かっている。操作性も良く満足している。

【引用】活用事例-使えるくらうど工事台帳V3

各データが自動集計されるので集計表の作成の手間が省けるようになり、担当事務員の業務負担が軽減したと同時に、より細かな管理が行えるようになった。また、手書き日報から電子化することにより過去データ検索などが簡単になった。そして保管場所や印刷コストの問題もクリアできた。

【引用】活用事例-使えるくらうど工事台帳V3

結論:使えるくらうど工事台帳V3の総合評価は★★★★☆

使えるくらうど工事台帳V3は、低価格で導入できるとの口コミがありました。
サーバーなどの用意が不要で、クラウド上にシステム構築するため低コストに抑えられています。

また、クラウドシステムのため、場所を選ばずに全社員が同時に利用できて、業務効率がアップしたとの声もありました。

各情報が自動集計されるため、担当事務員の業務負担が減り、より細かな管理も行えるとの口コミもあります。

さらに、指定のパソコン以外でも利用できるため、利便性が良いと好評です。

まとめ

『使えるくらうど工事台帳V3』はクラウド上ですべての業務を管理できる、建設業業務支援システムです。

日報や現場のスケジュール、見積り管理や売上管理、実行予算管理や原価管理など建設業のさまざまな業務に対応している点が特徴といえます。

またクラウド上ですべての機能を使えるため、ネット環境さえ整っていれば、空き時間にも仕事を勧められ、残業時間の削減にもつながるでしょう。

すべての情報をクラウド上で管理するため、ペーパーレス化につながり、書類の保存場所に困ることはなくなります。

さらにパソコンが壊れたとしても、データがなくなる心配はありません

またパソコン操作が苦手な方でも、分かりやすい画面と操作方法で簡単に利用可能です。

現在さまざまな会社が、業務効率化につながるITシステムを提供しています。

自社に合ったITシステムを導入するためには、複数のシステムを比較・検討することが重要です。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です