無料テンプレートはこちら

建設原価ソフト比較10選!選ぶポイントとは?

建設原価ソフトを導入すると、煩雑な作業が効率化しミスを減らすことができます。

しかし、建設原価ソフトの選び方やどのようなソフトウェアがあるのか、分からない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、建設原価ソフトを選ぶポイントとおすすめの建設原価ソフトを紹介します。

本記事はこのような人におすすめです
  • 建設原価ソフトを探している
  • 現場の建設原価ソフトに不満がありより良いシステムを導入したい
  • エクセル管理がメインなため、エクセルと連携できる建設原価ソフトが欲しい

建設原価ソフトを選ぶポイント

建設原価ソフトを選ぶポイント

建設原価ソフトを選ぶ際は、下記のポイントに注意して選ぶことをおすすめします。

建設原価ソフトを選ぶポイント
  • データの一元管理の可否
  • 料金
  • 書式のカスタマイズ
  • セキュリティ
  • サポート体制

「原価管理ができる」という点に特化したソフトもありますが、基本的にはオールインワンタイプがおすすめです。

データの一元管理の可否

建設原価ソフトを選ぶ際は、データの一元管理ができるソフトがおすすめです。

原価のみを管理できても、工事進捗が同時に把握できなければ、原価の変動をつかめません。

また、他の基幹システムがある場合は、API連携ができずにデータを二重で入力する手間が発生するリスクがあります。

基本的にデータは一元管理して、ひとつのシステムで複数の情報を管理できた方が効率的かつ、生産性も上がるでしょう。

料金

建設原価ソフトを導入する場合には、予算面も検討しましょう。

ソフトにはオンプレミス型とクラウド型があり、オンプレミス型は少々高めですがセキュリティの高さや柔軟なカスタマイズが魅力です。

クラウド型は比較的安価ですが、月額費用がかかること、さらにカスタマイズがややしづらいのが難点となるでしょう。

自社で毎月・または買い切りで支払える予算を決めて、その予算内で効率的に運用できる建設原価ソフトを選んでください。

書式のカスタマイズ

建設原価ソフトには、帳票・請求書の発行機能が付帯しているものがほとんどです。

しかし、自社ですでに使っている帳票と大きく書式が違うと、現場にも先方にも混乱が生じてしまうでしょう。

書式を柔軟に変えられたり、自社で帳票の内容を設定できる原価管理ソフトを選ぶと便利です。

セキュリティ

建設原価ソフトを使用する場合に欠かせないのは、セキュリティの堅固さです。

今後DXを導入するにあたり、ネットワーク上で機密情報を保管することとなります。

セキュリティが甘いソフトを使用すると、機密情報が漏れてコンプライアンス違反になり、企業としての信用も失墜するでしょう。

セキュリティが堅固で機密情報をしっかり保護できる建設原価ソフトを選んでください。

サポート体制

建設原価ソフトを含めて、新しいシステムを導入する際はサポート体制をチェックしてください。

サポート体制とは、以下のような物を意味します。

サポート体制の例
  • 導入時の研修
  • オンラインでの問い合わせ
  • 必要時の来社研修

サポートがなければ、導入時のセッティングも自社で行わなければなりません。

例えば、安価なパッケージソフトを購入した場合は、自社で設定・使い方のマニュアルを読み込んで、社員に教える必要があります。

しかし、この記事で後ほど紹介するようなソフトは、必要であれば研修を受けたり、不明点が生じた際にメールや電話で問い合わせ・レクチャーを受けられます。

自社の建設原価ソフトを導入し、社員の業務を効率化するためには、まずシステムを活用してもらわねばなりません。

そのためにサポート体制は確認しておきましょう。

建設原価ソフトを比較した総合結果

建設原価ソフトを比較した総合結果

建設業界でも評価が高い建設原価ソフトを10個比較して、総合評価をまとめました。

以上の軸を持って比較しています。

一元管理エクセル・CADとの親和性操作性カスタマイズセキュリティサポート体制複数端末への対応
AnyONE
工務店クラウドEX×
アイピア×
建設BALENA×
建て役者×
KojiNEO×
ガリバーNEXT
SMAC工事管理×
アイキューブ
レッツ原価管理GO2△(導入製品による)
◎…充実 ◯…対応可、標準的な充実度 △…充実度が◯より劣る ×…対応なし -…サービスページに記載なし

後ほど評価が高いシステムの詳細を説明していきます。

まずは、一覧としてどのような建設原価ソフトがあるかを把握してください。

総合評価が高い建設原価管理ソフトは「AnyONE」

建設原価管理ソフトとして評価が最も高いのは、「AnyONE」でした。

建設原価はもちろん、営業管理から工程管理、施工管理やアフター管理までのオールインワンのシステムです。

カスタマイズも柔軟に対応可能かつ、サポート体制も充実しています。

建設現場に特化して作られたソフトのため、業務フローに沿って柔軟に利用できるでしょう。

項目・分類別で見る!おすすめ建設システム

項目・分類別で見る!おすすめ建設システム

項目・分類別におすすめの建設原価ソフトを紹介します。

項目・分類別で見る!おすすめ建設システム
  • 一元管理のしやすさで選ぶ!建設原価ソフト
  • エクセルとの親和性で選ぶ!建設原価ソフト

建設原価管理を効率的に進めたい企業担当の方は参考にしてください。

一元管理のしやすさで選ぶ!建設原価ソフト

おすすめは原価管理だけではなく、さまざまな情報を一元管理可能なソフトです。

現在建設業界では、建設DXの推進が進んでいる状態で、取引先をはじめとして徐々に基幹システムの導入が進んでいます。

数年後にはシステムによるペーパーレスの受発注や契約も想定されるため、データ化した情報の管理フローを構築しておきましょう。

情報を一元管理することで、効率的かつデータの保管場所がバラバラになり紛失するミスなども防げます。

特におすすめの建設原価ソフトは下記の3つです。

サービス名サービス詳細
AnyONE全ての工務店の業務に対応・大手から一人親方まで幅広く利用できる
・エクセルのような感覚で扱える
・原価管理を工事進捗とともに確認可能
建設BALENA・建設原価はもちろん進捗管理や営業管理も可能
・操作性が良く見やすいUI
SMAC工事管理・見積りから支払いまでマルチに建設現場の業務を管理
サポート体制が充実している
参考:各種サービスホームページ

AnyONE

AnyONE公式サイト
【引用】AnyONE

建設原価も含めて、オールインワンで建設業界・工務店の業務を管理できるのが「AnyONE」です。

AnyONEでは、建設原価の他に以下のような項目を管理できます。

AnyONEで管理できること
  • 顧客管理
  • 見積り
  • 工程管理
  • 工事管理
  • 物件管理
  • 実行予算
  • 支払い
  • 請求・入金
  • 維持管理
  • 図面・写真管理

サポート体制も充実しており、必要であれば来社しての研修も受けられるため、初めてのシステム導入の企業でも安心です。

AnyOneにはさらに業務を効率化できる機能が多く備わっており、気になる方は詳しく解説した記事をご確認ください。

またAnyONEはすぐに活用できるエクセルテンプレートを配布しています。
システムの導入前に、エクセルテンプレートを使用して社内業務の効率化を体験してはみてはいかがでしょうか。

建設BALENA

建設BALENA
【引用】建設BALENA

「建設BALENA」も、建設業界特化の管理システムで、原価管理をはじめ以下のような項目を管理できます。

建設BALENAで管理できること
  • 図面管理
  • 工事管理
  • 見積り・請求管理
  • 入出金管理
  • 労務管理

導入実績も多く、また操作しやすい画面で現場への浸透しないリスクも低いでしょう。

詳しくは、建設BALENAの機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

SMAC工事管理

SMAC工事管理
【引用】SMAC工事管理

SMAC工事管理は、自社の業務に合わせた柔軟なフローを組める原価管理ソフトです。

SMAC工事管理で管理できること
  • 図面管理
  • 工事管理
  • 見積り・請求管理
  • 入出金管理
  • 日報管理
  • 労務管理

要望に合わせて必要な機能を追加でき、自社専用のシステムを作成できます。

建設業界や工事事業での導入も多く、サポート面でも充実している安心できる原価管理ソフトです。

詳しくは、SMAC工事管理の機能や特徴、口コミ・評判を解説している記事をご確認ください。

エクセルとの親和性で選ぶ!建設原価ソフト

次に操作性を重視した、エクセルとの親和性で選んだ建設原価ソフトを紹介します。

現状はエクセルを使用して原価管理を行っている企業も多いでしょう。

エクセルにデータを入出力できたり、操作感がエクセルに似ているとソフトを使用する社員にもなじみやすいです。

サービス名サービス詳細
AnyONE・エクセルに似た操作感で使いやすい・エクセル
・CSVデータの入出力に対応
ガリバーNEXT・エクセル出力・テンプレート作成が可能
・帳票カスタマイズが豊富
レッツ原価管理GO2・無料の帳票DLページサービスがある
・原価管理特化でシンプルな操作性能
参照:各種ホームページ

AnyONE

AnyONE
【引用】AnyONE

AnyONEは、エクセルに似た操作感が好評な建設原価ソフトです。

入力画面がエクセルと同様のため、エクセルで原価管理していた企業も操作しやすいのが特徴です。

ワンクリックで工程を操作するなど、操作もシンプルで分かりやすく、操作性は非常に良いといえます。

また、万が一不明点があった際はオンライン・自社来社サポートを受けられるため、サポート体制も充実しているシステムです。

AnyOneにはさらに業務を効率化できる機能が多く備わっており、気になる方は詳しく解説した記事をご確認ください。

ガリバーNEXT

ガリバーNEXT
【引用】ガリバーNEXT

ガリバーNEXTは、エクセルへ原価管理データを入出力したり、帳票を作成する機能を持っています。

エクセルで作成したデータを取り込めるため、過去データを管理する際にも便利です。

また、帳票作成の際もエクセルと同様に作れる、作業が大幅に変化することがありません。

レッツ原価管理GO2

レッツ原価管理Go2は、建設業界で導入されている原価管理に特化したソフトウェアです。

無料のエクセル帳票のテンプレートを公開しているなど、利用者が便利に利用できる特典もあります。

エクセルへの入出力、帳票の利用など幅広い用途で利用できるのがメリットです。

まとめ

建設原価の計算は、法律で定められている義務であり、安定した経営に欠かせません。

しかし、自社でエクセルなどで作業をしていると、人為的なミスが発生しやすいです。

建設原価管理ソフトを使用すれば自動計算や帳票の出力を自動化が可能で、効率的かつミスなく作業がおこなえます。

本記事を参考に、自社に最適な建設原価管理ソフトを選んでください。

しかし「どうしても自社に合う建設原価管理ソフトを選べない」と悩む方もいるでしょう。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。