ガントチャート工程表とは?役割や作成手順、おすすめツール紹介

工程表にはさまざまな種類がある中で、工務店でよく使われる「ガントチャート工程表」。

「ガントチャート工程表」とはどのような工程表なのか、その役割や作成手順、また作成に役立つ便利ツールを紹介します。

ガントチャート工程表とは

ガントチャート工程表とは

ガントチャート工程表とは、工事の進捗状況を確認できる横線式のスケジュール表で、現場管理において使われることが多い工程表です。

管理項目名・開始日・完了日(完了予定日)・作業内容・担当者・などを明記することで、関係者がプロジェクト全体のスケジュールや人員構成を把握でき、各々のタスクや期限を洗い出すことができます。

また、現場作業員は他の工種の進捗を見て効率的に担当の工種に着手することが可能になり、現場がスムーズに回ります。

ガントチャートの作成手順

ガントチャートの作成手順

まずはタスクの洗い出しを行いましょう。作業工程ごとに期日と他作業との関係性を整理することで、工程が組みやすくなります。
特に、「ある工程が終わらないと次の工程に進めない」という点や「ある工程の中でもこの作業なら先行して行うことができる」という点を考えながら洗い出すことが重要です。

例えば、粘土で土台を作ってから絵の具で色を塗るというように、壁の下地を整えてから壁に塗装するという順番で工程を組まなければなりません。
一方で、壁の下地を整えている間に天井の塗装を行うと、次に壁を塗装している間に天井の照明工事を同時に行うことができます。

このように効率の良い順番で全ての工程を組み合わせる必要があります。
ただし、1人で完璧に工程を組むことには限界があるため、作業員に効率的な工程に気付いてもらうことも重要です。
そのためにも見やすくて各々のタスクや他作業との関係性の分かるガントチャート作成に努めましょう。

洗い出したタスクを基に、工事の完了日から逆算して、各工程に期日を設けましょう。施工中のトラブルなどで工期がずれる場合もあるため、余裕を持ったスケジュールを立てることが大切です。

ガントチャート工程表が使える理由

ガントチャート工程表が使える理由

さまざまな工程表がある中で何を基準にガントチャート工程表の作成を選択すると良いのでしょうか。メリット・デメリットや、ガントチャートと同じくらい使われることが多いバーチャート工程表との違いを確認しましょう。

ガントチャート工程表のメリット・デメリット

メリットデメリット
計画したスケジュールの妥当性をチェックできる組み直しの手間がかかる
プロジェクトの全体像をチームで把握できる作業ごとの工数を把握しづらい
遅延タスクへの対応を素早くできる
ガントチャート工程表のメリット・デメリット

ガントチャート工程表は作業ごとの進捗を一眼見て把握できるため、プロジェクト全体に必要なタスクとタスク同士の兼ね合いが分かりやすいという特徴があります。

また、進捗率を随時確認し、遅延タスクの原因解明や対応をすばやく行い、関係している作業のスケジュールを調整することで納期遅れをなくすことができます。

バーチャート工程表との違い

ガントチャートバーチャート
横軸作業の進捗率日付
作業の進捗○分かりやすい✖️分かりにくい
全体のスケジュール✖️分かりにくい○分かりやすい
各工程の関係性○分かりやすい✖️分かりにくい
ガントチャート工程表とバーチャート工程表の特徴比較

「進捗率」を基準に作成するガントチャート工程表に対し、バーチャート工程表「日付」を基準に作成するため、各工程の関係性はガントチャート工程表の方がつかみやすく、全体のスケジュールはバーチャート工程表が分かりやすい特徴があります。

何を把握するために工程表が必要なのか、目的を明確にして作成する工程表を決めましょう。

ガントチャート作成のおすすめツール

ガントチャート作成のおすすめツール

ガントチャート工程表はエクセルでも作成することができますが、より見やすく効率的に作成するために作成ツールを使用することもひとつの方法でしょう。

特にガントチャート工程表は工事が進むごとに進捗率を更新しなければならないため、ツールを活用し工数削減することが有効です。ここではおすすめの作成ツールを3種類紹介します。

AnyONE

【引用】AnyONE

AnyONE」は建築会社や工務店向けの資料作成全般がマウス操作で簡単に作業できるクラウド型のツールです。エクセルでは編集しづらい工程の移動や日付変更などもドラック操作だけで変更でき、エクセルよりも効率的に工程表作成の作業を進められます。

また、エクセルとの互換性も高く、今までのエクセルのデータをそのままコピー&ペーストすることが可能です。エクセルに使い慣れていてツールを使いこなせるか不安な方や協力業者にツールの利用を強いることに抵抗がある方におすすめです。

AnyONE」は工程表作成以外に原価管理などさまざまな機能があるため、幅広く業務効率化したい方は他の機能もチェックしてみてください。

価格

月額:18,000円〜
※プランにより異なります。
※バージョンアップやヘルプデスクが無料

Brabio!

【引用】Brabio!

Brabio!」は、ガントチャート工程表作成に特化した初心者向けクラウドツールです。1グループに複数のプロジェクトを紐づけて管理する形式で、グループおよびプロジェクトは複数作成可能です

また、プロジェクトごとのユーザー権限の変更ができるため、セキュリティ面でも安心です。
ガントチャート作成ツールだけを導入したい方や初心者向けのツールをお探しの方におすすめです。

価格

10ユーザーの場合:月額3,300円
         50ユーザーまで+10ユーザーにつき3,300円ずつ加算されます。
100ユーザーの場合:月額33,000円
          300ユーザーまで、+100ユーザーまでにつき33,000円加算されます。

※フリー版はメンバーは5人までが限度です
 また、エクセルへの出力は1日につき3回までで、メンバー登録はCSV非対応です。

みんなでガント.com

【引用】みんなでガント.com

みんなでガント.comもガントチャートに特化した作成システムで、複数人と共有利用できるガントチャートを基本機能無料で利用できます。作成したガントチャートは、iPhoneやAndroidなどでも管理することができます。利用開始が簡単で何もインストールせずにボタンひとつで始められるため、ガントチャートの作成ツールを手軽に導入したい方向けのツールです。

価格

3か月トライアル:1,800円
年間:8,600円〜
※プランにより異なります

まとめ

今回はガントチャート工程表について特徴や作成手順からおすすめツールまで紹介しました。

現場管理で役立つ工程表を作るためには、それぞれの工程表の特徴を押さえて目的に合った工程表を作成することが重要です。

ガントチャート工程表の作成が最適な場合は、まずタスクを洗い出して作業順を適切に設定しましょう。
施行中は、進捗率を更新・確認し、遅延しているタスクの原因解明や遅延しているタスクに関係するタスクについての調整を随時行うことが大切です。

「ガントチャート工程表をもっと効率的に作成・更新したい」という方や「手軽に作れるなら活用してみたい」という方は紹介したツールを試してみることをおすすめします。無料お試しができるツールも多いため、一度試してみてはいかがでしょうか。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です