無料テンプレートはこちら

納期遅れを防ぐには?建設現場の工程管理はシステム導入がおすすめ

納期遅れを防ぐには?建設現場の工程管理はシステム導入がおすすめ!

建設現場では工期が決められ、工程管理がおこなわれます。何らかの事情で工程管理がうまくいかず納期が遅れた場合は、工事の品質や会社の利益に大きな影響を及ぼします。

納期遅れを防ぐためには工程管理システムの導入がおすすめです。
本記事では、工程の遅れを防ぐ方法とシステム導入のメリットを解説します。

本記事はこんな方におすすめです
  • 納期が遅れる原因を理解したい
  • 工程が遅れた場合の正しい対処法を知りたい
  • 工程管理システムの導入を検討している

建設現場の工程管理とは

建設現場の工程管理とは

工程管理は、工期内に完了しなければならない作業を滞りなく進められるようスケジュール管理することです。この工程管理は、品質の良い住宅を提供し、納期を守ることに直結します。
工期とは、工事がはじまる日(着工)から終了する日(竣工)までの期間のことです。マンションや戸建てなど住宅建設の種類によって、工期内に行われる工事はさまざまです。

それでは、工程管理について詳しくみてきましょう。

工程管理
  • 工程管理の目的
  • 工程管理の主な方法

工程管理の目的

工程管理の大きな目的は、工期内に行わなければならない工事の進行状況を把握・管理することです。
工程管理を適切におこなうことは、納期を守るだけでなく、品質を維持し顧客満足度の向上につながります。
万一、工期が遅れ、納期がずれてしまうとスケジュールの再調整や人件費等のコストが増すだけでなく、施主様に期日通り住宅の引き渡しができないこととなります。そうなると会社の信用も落ちるため、工程管理は重要です。

主な工程管理の方法

主な工程管理の方法は、以下の3つです。

主な工程管理の方法
  • 紙やホワイトボード
  • エクセル
  • 工程管理システム

詳しく知りたい方は、工程管理を効率化する方法やシステムの導入について説明している記事をご覧ください。

工程が遅れる主な原因

工程が遅れる主な原因

工程管理を適切におこなったつもりでも、工期遅れが発生する場合があります。

以下で紹介する「工期が遅れる主な原因」の対策をおこないましょう。

工期が遅れる理由
  • 人手不足
  • 資材不足
  • 着工の遅延
  • 情報共有不足
  • 悪天候や事故

人手不足

現場経験が豊富な職人を確保できず、計画通りに工事が進まないことが工程遅れの原因となることがあります。
近年、建設業界は深刻な人手不足の状況にあり、大工などの職人確保が難しい場合があります。

建設業界の人手不足について詳しく知りたい方は、人手不足の原因や対処法について解説している記事をご覧ください。

資材不足

建設の時期によって資材不足に陥る場合があります。資材とは、鉄骨や木材など工事のために必要な材料です。
特にオリンピックのような国家規模で行われる建設事業や、天災が起こった後などは資材不足になる可能性が高くなります。

地震などの天災は、予測できないため仕方ない部分もありますが、いつ資材が不足しても対応できるように対策を練っておきましょう。

国産材の特長とは?国産材のメリットやデメリットについても徹底解説

着工の遅延

施工詳細が決まらないことにより、予定していた工事開始日が遅れる場合があります。
施工詳細が決まっていないと、当然大工の手配はできず資材も揃えられません。

情報共有不足

工事計画に変更・修正があった場合に、現場で作業をおこなう職人たちにしっかりと情報を共有できていないと、工程を遅らせる原因となります。
情報共有する手段が電話などのアナログな場合、全員に詳細情報が行きわたりにくい可能性があります。

悪天候や事故

台風などの悪天候や、現場での事故も工程が大幅に遅れる原因となります。
天災の場合、工事現場にダメージがある場合もあり、作業を一定期間中断せざるを得ないことがあります。
また、作業中に事故が発生した際は、安全確認が必要となり作業を中断することとなります。大きな事故になると警察などの現場検証が必要なため、さらなる遅れが予想されます。

工程が遅れた場合の対応

工程が遅れた場合の対応

計画通りに工程が進まず、遅れが発生した場合に行うべき基本的な対応を3つ紹介します。

工程遅延の対応法
  • 原因の特定
  • 工程表を修正
  • 関係者へ連絡

原因の特定

まずは、どうして工程に遅れが発生したのか原因を特定しましょう。
原因がわからないことには対応できません。

人手不足なら応援を要請し、納期が遅れるなら施主様に説明が必要となります。そのため、原因の特定と現場の状況は詳細に把握する必要があります。

工程表を修正

当初の工程表通りに作業が進まないことが明確なら、調査した原因を踏まえて再度スケジュールを考えなければなりません。遅れた作業をどのようにして進めるか、工程表を修正しましょう。
修正した工程表をもとに工事を再手配し、再び遅れないようにする必要があります。

関係者へ連絡

工程の遅れが発生したことを会社で情報共有することが大切です。一部の従業員だけが内容を把握しているという状態にならないようにしましょう。
情報の共有ができていないと、後々大きな問題になり、修正がきかなくなる可能性があります。もちろん必要に応じて施主様にも現状を共有しましょう。

工程管理にはシステム導入がおすすめ

工程管理にはシステム導入がおすすめ

アナログな工程管理は、作業に遅れが生じたときに素早い対応が難しいです。
そのため、工程表の修正や共有を効率的に行える工程管理システムの導入をおすすめします。

工務店など建設会社の業務を全般的に効率化できるシステムもあるため、検討してはいかがでしょうか。

システム導入のメリット
  • 工程表の作成・変更を効率的に行える
  • 進捗管理が共有できる
  • セキュリティー強化

工程表の作成・変更を効率的に行える

建設業に特化した工程管理システムの場合は、システム上で工程表の作成・変更を効率的に行えます。

例えば、以下のような仕様になっていることが多いです。

  • エクセルでは必要な関数が不要
  • 見積りなどから情報を拾って工程表に自動反映
  • 工程表のバーを複数個まとめて一気に修正

エクセルと操作性が似ているものがほとんどで、ITツールが得意でなくても簡単に利用でるでしょう。

進捗管理が共有できる

工程が遅れる原因のひとつに情報共有不足があります。システムで管理するメリットは、情報共有がしやすいことです。
従来の方法では工事現場や事務所に戻らなければ確認できなかった情報を、外出先からパソコンやスマホで簡単に確認できます。

また、システム上で修正・変更を行えば、関係者にリアルタイムで共有されるため、口頭で言った言わないなどの問題はなくなるでしょう。

さらに、チャット機能がついているシステムを選べば、現場の作業員・外部関連業者ともコミュニケーションや情報共有を効率的に行えます。

セキュリティー強化

システムで工程表などの現場情報を管理する場合、関係者のみに閲覧権限を付与できます。紙やエクセルだと情報漏洩の心配がありますが、システムなら安心です。
セキュリティー強化の面でも、システムの活用はおすすめだといえます。

まとめ

建設現場は、工程表により工期が計画・管理されています。スケジュールの遅延は、お客様に迷惑がかかるだけでなく、建設会社の品質や利益にも影響がでるため、できる限り防がなければなりません。
工程が遅れる原因は、人手不足や情報共有不足などさまざまですが、これらの問題解決にはシステム導入がおすすめです。

建設会社に特化したシステムなら、工程表の作成や関係者への情報共有を効率的に行えます。
紙やエクセルで工程表を作成している場合や、情報共有は口頭や電話連絡などが主であれば、システムの導入を検討してはいかがでしょうか。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。