無料テンプレートはこちら

建設業の原価管理システムとは?メリットと選び方を解説

原価管理システムとは、原価管理を自動でおこなうシステムです。

この記事では、原価管理システムの概要や建設業で導入が求められる背景、導入によって得られるメリットなどについて解説します。

原価管理システムを活用することで、利益アップやコスト削減につなげることが可能です。

原価の無駄をなくしたい、利益を増やしたいといった建設業の担当者は、参考にしてください。

建設業の原価管理とは

建設業の原価管理とは

建設業における原価管理とは、材料費や人件費、外注費といった原価を管理し、コストの改善に取り組むことです。

予算内に収まるように工事を進められないと、赤字となってしまうため、原価に無駄があれば削減できるようにコントロールし、企業の利益を大きくすることを目的としています。

企業によっては、エクセルを使って原価管理に取り組むケースもありますが、近年では原価管理システムを使って効率よく管理をおこなっている企業もあります。

原価管理の目的

原価管理の目的は、大きく分けて以下の3点が挙げられます。

  • コストの把握
  • 利益の拡大
  • リスク対応

原価に無駄があると、企業の利益も少なくなってしまうため、原価管理を通してコストを把握し、不要なコストの削減に取り組みます。

原価管理では、現場別だけでなく、部門別や工程別などさまざまな項目からコストを把握することで無駄を見つけやすくなるでしょう。

コストや利益だけでなく、原価管理はリスク回避にも役立ちます。

例えば、原価は常に一定ではなく、あらゆる要素が原因となって変動します。急に原価が変動して、予想外の損失が発生する可能性もあります。

ただ、定期的に原価管理ができていれば、原価の変動を予測しやすくなるため、損失を最小限に抑えられるはずです。

原価管理システムとは

原価管理システムとは

原価管理システムとは、その名の通り、原価管理をおこなう際に使用するシステムです。

材料費や人件費、外注費といった費用の一元管理・計算が可能となっており、利益最大化に活用できます。

データの取得や計算を自動でおこなうため、担当者の業務負担が軽減されるほか、作業スピードもアップします。

建設業で原価管理システムが求められる理由

原価管理システムはさまざまな業界で導入されています。特に建設業では、複雑な会計管理を行うためにシステムの導入は必須といえます

建設業の場合、一般企業とは異なる「建設会計基準」を設けています。勘定科目の名称が異なり、原価計算方法も業界特有のものとなっており、原価管理は複雑でわかりにくくなっています。

このようなときに、必要なデータを自動で収集し、計算までおこなってくれるシステムがあれば、原価の把握、管理がおこないやすくなるはずです。

原価管理システムを導入するメリット

原価管理システムを導入するメリット

原価管理システムの導入によって建設業者が得られるメリットはさまざまです。

具体的なメリットとして以下の2点について解説します。

原価管理システムを導入するメリット
  • 業務効率化
  • システムの連携が可能

業務効率化

原価管理システムは、原価管理に必要な費用のデータを自動で収集し、計算してくれるため、担当者自身が作業をする必要がなく、業務効率化を図ることが可能です。

担当者は計算結果を確認するだけで、負担を大幅に軽減できます。

また、原価管理を手作業でするとミスが起こるかもしれません。しかしシステムは決められた計算を自動でおこなうため、ミス防止が可能です。

業務効率化によって、原価管理を担当する人員や作業時間を減らせて、コスト削減にもつなげられます。

システムの連携が可能

多くの原価管理システムは、在庫管理システムや会計システムといった原価管理に関係する他の業務のシステムと連携できます。

システム同士をつなげて業務機能の連携をおこなえ、システムの統合的な管理も可能です。

これまで「在庫管理はこのシステム、会計作業はあのシステム」と異なるシステムを使っているために、手間がかかっていた企業も多いと思われますが、システム連携でこれらの手間を省けます。

データの収集もより円滑におこなえ、最新の情報に基づいく資料を作成し、スムーズな経営判断につなげることも可能です。

原価管理システム導入時の注意点

原価管理システム導入時の注意点

原価管理システムの導入では、コストが発生する点に注意しなければなりません。代表的な料金プランは、導入費のみがかかる買い切り型や、毎月決まった金額を支払う定額型があります。

買い切り型は初期費用がかさみますが、ランニングコストはほとんどかかりません。定額型は初期費用を抑えられますが、ランニングコストが割高となる場合も。

導入を検討する段階で予算を明確にし、自社にあったシステムを導入してください。

また、導入後はソフトの操作方法を覚えなければならない点にも注意してください。

いくら優れたシステムであっても、実際に作業で使用する担当者にとって扱いにくくては、業務効率化やコスト削減といったメリットを享受できません。

導入の際にはコストと合わせて、一目見て直感的に操作できそうなシンプルな画面であるか、マニュアルはわかりやすいかといった部分も確認することをおすすめします。

導入サポートをおこなっているサービスを選ぶことも一つの方法です。

原価管理システム選びのポイント

原価管理システム選びのポイント

原価管理システムは各社から提供されており、導入時にどれを選べばいいのかわからない方も多いでしょう。

原価管理システム選びのポイントとして、以下の2点について解説します。

原価管理システム選びのポイント
  • 使用目的をはっきりさせておく
  • システムのタイプを決めておく

使用目的をはっきりさせておく

どういった目的で原価管理システムを使用するのかによって、最適なシステムが変わります。まずは使用目的をはっきりさせておくことが重要です。

例えば、原価管理だけでなく、自社の業務全体を効率化させることが目的である場合、原価管理システムよりも、業務の一元管理が可能となる業務管理システムを導入すべきです。

システムのタイプを決めておく

原価管理システムには、大きく分けてオンプレミス型とクラウド型の2種類があります。どちらのタイプを導入するか決めておくことで、選択肢を絞ることができます。

オンプレミス型は、自社にサーバーを設置したうえで原価管理システムを構築する仕組みとなっているため、初期費用が高くなりがちです。

しかし、自社サーバーで管理するため、必要な機能を後から追加できるなど、システムの柔軟性が特徴となります。

一方のクラウド型は、原価管理システムを提供している企業が保有・管理するサーバーにインターネットを経由してアクセスし、サービスを利用する仕組みです。

自社でサーバーを構築する必要がなく、初期費用を抑えられるほか、インターネット環境さえあれば時間や場所を問わず利用できるため、現場で原価管理をおこなえます。

クラウド型は一般的に従量課金型となっており、導入する規模が大きいとかえって割高となるケースもあるため、導入時にはコストを試算しておくべきです。

システムの中でもクラウド型に興味のある方は、クラウドシステムの種類や選び方について解説している記事も参考にしてください。

まとめ

今回は、原価管理システムについて、その概要や建設業で導入することで得られるメリット、導入時の注意点などについて解説しました。

原価管理システムは、原価管理に使用するシステムのことで、外注費や人件費、材料費といった費用の管理をシステム上でおこなうことで、利益の最大化につなげます。

システムは各社から提供されているため、自社の導入目的やシステムのタイプを検討したうえで、自社にあったシステムを導入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。