無料テンプレートはこちら

現場監督の仕事内容とは?必要な素質や工程管理の効率化を解説

現場監督の仕事内容は、工程管理だけでなく環境の整備や現場作業員のメンタル管理にも関わる仕事です。

将来現場監督になりたい方は、どのような素質が必要か気になるでしょう。

この記事では、現場監督の仕事内容と必要な素質、目指している方が日頃から心がけるポイントや効率化の方法をお伝えします。

この記事はこんな人におすすめです
  • 現場監督の仕事内容を知りたい
  • 現場監督を目指すうえでの素養やスキルを知りたい
  • 現場監督の仕事をもっと効率的にしたい

現場監督の仕事は工程管理と現場環境の整備

現場監督の仕事は工程管理と現場環境の整備

現場監督の仕事は工程管理だけでなく、現場環境の整備まで多岐にわたります。

現場監督の仕事は工程管理と現場環境の整備
  • 工程の把握と進捗管理
  • 安全性の管理
  • 成果物の品質管理
  • 予算の管理
  • 従業員・社外との調整
  • 現場作業員のストレスマネジメント

具体的にどのような業務を行っているのか、1つずつ解説します。

工程の把握と進捗管理

現場監督の主な仕事は、施工の工程の把握と進捗管理です。

納期に間に合うように施工を管理し、遅滞がある場合は人員調整を行います。

また、機材・資材の在庫管理、発注も現場監督の仕事です。

安全性の管理

現場監督は工事現場における安全性の管理もおこなっています。

工事現場は高所作業や重機を扱うため、事故リスクが高いです。

工事現場の事故は命に関わる危険もあり、安全に施工を行えるような環境整備やチェックは欠かせません。

現場作業員が安全に工事を行えるよう、日々神経を使います。

成果物の品質管理

工事を納期に間に合わせ、なおかつクライアントが納得するクオリティの工事を実施する必要があります。

随時現場の様子をチェックし、ミスや不具合がないかの確認も現場監督の仕事です。

成果物の品質は自社の信用問題にも関わる非常に重要な要素といえるでしょう。

予算の管理

施工における予算管理も現場監督の仕事です。

工事現場にかかる人件費や資材費を管理し、最大限利益が出るよう調整しなければなりません。

予定外の経費を抑え、予算内で工事が終わるように調整する必要があります。

従業員・社外との調整

現場で働く作業員だけでなく、取引先や業者、近隣住民への対応も現場監督が行います。

取引先との打ち合わせや進捗報告、また時には工事現場周辺の住民へ工事の説明をして理解を得なければスムーズに工事が進みません。

現場監督は多くの人との間を取りもつ必要があります。

現場作業員のストレスマネジメント

現場監督は作業員が気持ちよく働けるよう、ストレスマネジメントを行ないます。

工事現場にはさまざまな業者や職人が携わるため、軋轢が生まれることがあるからです。

人間関係は仕事のモチベーションにも関わるもの。

現場監督が間に入り、コミュニケーションが円滑に行くように調整したり、現場の職人たちが働きやすい環境を作る必要があります。

現場監督に必要な素質

現場監督に必要な素質

現場監督を目指す方向けに、監督者に必要な素質を3つ紹介します。

現場監督に必要な素質
  • 目標達成能力
  • 物事を俯瞰して見る能力
  • コミュニケーション能力

将来的に現場監督を目指したい方は参考にしてください。

目標達成能力

現場監督に必要な素質は、目標達成能力です。

工事現場では納期の中で施主の希望通りの成果物を納品する必要があります。

工程を把握し、終着点から逆算して工事を進める思考力が必要です。

そのため目標を立てて行動する能力がある人は、現場監督に向いているでしょう。

物事を俯瞰して見る能力

現場監督は1つの作業にとらわれず、工事全体を見通す必要があります。

俯瞰して物事を見る力が必須で、現時点での進捗から完成までの予想を立てるスキルは必須です。

常日頃から目の前の作業だけでなく、全体を見る視点を持っている人が現場監督に向いています。

コミュニケーション能力

現場監督の仕事をこなすには、コミュニケーション能力も必要です。

現場の作業員の間に入って環境を整えたり、時にはトラブルに対処する必要があります。

また、作業員だけでなく施主や近隣住民への説明も監督が行うため、内外に対して交渉できるスキルが必要です。

工程管理をこなすために現場監督が意識すべきこと

工程管理をこなすために現場監督が意識すべきこと

将来現場監督になりたい方は、日頃から以下の3つの行動を意識しましょう。

工程管理をこなすために現場監督が意識すべきこと
  • 常に目標を意識した行動
  • 業務の優先順位
  • 問題に対する解決策の考案

現場監督の仕事についた時に役に立つ素質を育てられます。

常に目標を意識した行動

現場監督を目指す方は、日頃の仕事から目標を意識して行動しましょう。

与えられた仕事をこなすだけでなく、「この仕事はどんな目標のためにやらねばならないのか、達成したらどうなるか」を意識してください。

目標を意識して行動すると、プロセスの考え方が見えやすくなり、効率的に業務をこなせます。

業務の優先順位

現場監督を目指す人は、業務の優先順位を考える癖をつけましょう。

稀に現職の現場監督で「なんでも自分でやれば良い」と思い、仕事を抱え込む人がいます。

実はこの考え方は誤りで、スキルに合わない苦手な業務を一人で行うとミスが起きたり、効率が悪くなるでしょう。

結果的に長時間労働で体を壊したり、残業時間の多さで行政から指導が入ることもあります。

そのため、自分がやるべきことと任せるべきことを瞬時に見分け、人に任せる判断力も必要です。

問題に対する解決策の考案

工事現場ではトラブルはつきものですが、慌てず解決策を考える必要があります。

日頃から問題が起きたら解決策を第一に考える癖をつけましょう。

例えば事務仕事1つとっても、時間を計測して予測よりも長くかかる場合は、より効率的にするための方法を考えてみてください。

日頃から問題提起と解決策の考案を繰り返すことで、問題解決スキルがついてきます。

現場監督が今すぐ行える工程管理の方法

現場監督が今すぐ行える工程管理の方法

現場監督の仕事は多岐にわたり、現場の管理だけでなくデスクワークまで担当します。

仕事が長時間にわたり疲れ切ってしまったり、会社から残業を減らすようにいわれて困っている方もいるでしょう。

工程管理をより効率的にしたい方は、以下の方法を参考にしてください。

現場監督が今すぐ行える工程管理の方法
  • エクセルで工程表を作成
  • 工程管理システムでの工程管理

より効率的に工程管理や現場監督業務をこなし、ライフワークバランスを取り、自分自身の労働環境も整えましょう。

エクセルで工程表を作成

現状紙面で工程管理や予算管理を行っている場合は、エクセルを使って工程表を作成してみましょう。

エクセルでの工程管理は以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
デメリット
  • システム導入のコストなしに工程表を作成できる
  • テンプレートを利用すれば簡単に工程表が作れる
  • 予算管理などもエクセルの計算機能を使えば容易である
  • オンライン共有ができない
  • 高度な表を作る場合は数式やマクロが必要

エクセルの知識がなくても、無料のテンプレートを利用すれば簡単に工程表を作成できます。

AnyONE」が展開している無料テンプレートは種類も豊富なため、参考にしてください。

予算管理もエクセルの計算機能を用いれば、集計の簡易化が可能です。

ただしエクセルはオンライン共有ができず、工程表を現場作業員が社外で閲覧できません。

また、より高度な機能や計算式を求める場合は数式やマクロが必要になり、作成に手間がかかってしまうでしょう。

エクセルでの工程管理についてはこちらの記事で紹介しています。併せて参考にしてください。

工程管理システムでの工程管理

現場監督の仕事を最も効率的にする方法は、工程管理システムの導入です。

工程管理システムは、工程表を作成するだけでなく、生産管理や予算管理など幅広い業務を一元管理できます。

工程管理システムの導入のメリットとデメリットは以下のようなものです。

メリット
デメリット
  • 工程表を楽に作成できる
  • 工程管理だけでなく予算や生産管理、書面などを一元管理して業務が効率化する
  • 入力確認などでミスが減る
  • セキュリティが高い
  • 導入コストが高い
  • 自社が求めるシステムを探す手間がかかる

工程管理システムを導入すると、工程表を楽に作成できます。

土日や祝日を自動判定して日数を計算でき、修正などもワンタッチです。

また、工程管理だけでなく予算管理や生産管理、帳票作成も一元管理できます。

システムに入力確認コマンドが表示されるようになっており、ミスも減らせるでしょう。

セキュリティも高く、情報漏洩などのリスクも減らせます。

ただしシステム導入には初期費用や月額コストがかかるため、予算との相談は必要です。

また自社が求めるシステムを探す手間がかかり、現場の作業員にも使いやすいものを選ぶのが難しい面もあるでしょう。

おすすめの工程管理システム10選や選び方はこちらの記事でまとめています。

おすすめの工程管理システム10選!エクセルとの違いも

まとめ

現場監督の仕事は多岐にわたる重労働ですが、やりがいのある仕事です。

現場の工程管理や予算管理、作業員や外部との交渉などをおこなうにあたり、必要とされる素質を日頃から磨いておきましょう。

また、現在現場監督をしていて仕事量や効率化に悩んでいる方は工程管理システムの導入をおすすめします。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。