無料テンプレートはこちら

住宅の修繕工事とは?時期などの基本知識と役立つツールを紹介

建物は、住みはじめてから年数が経つと、不具合が生じたところを建築当初のように直す「修繕工事」が必要です。
修繕工事は、住宅の安全や資産価値にも影響する重要な工事です。

本記事では修繕工事について、補修工事・改修工事との違いや修繕時期といった基本的な知識から、修繕工事を行う理由と修繕工事に役立つツールまで解説します。

修繕工事とは?

修繕工事とは?

住宅の修繕工事とは、経年劣化した住宅を建築した当初のように回復させる工事です。
建築時から数年は問題がなくても、外側は雨風や紫外線などにさらされ、内側も毎日使用するため設備は劣化し、やがて不具合が生じます。
そのため修繕工事の重要性は高く、建物の安全性などに関係することから必ず行う必要があります。

住宅の工事は、修繕工事以外にも補修工事や改修工事など言い方が似ているものがあり、これらを区別する必要があります。
デベロッパーや管理会社、ビルダーや工務店などは、実際に定期点検や修繕工事の計画を立て、実施するため特に知っておかなければなりません。

それでは、修繕工事の時期や工事を行う理由などを含め、詳しく説明します。

補修工事と改修工事

修繕工事と似た言葉で、「補修工事」と「改修工事」がありますが、目的が異なります。

「修繕工事」は、建築当初まで建物の機能を回復させるための計画的な工事ですが、補修工事は建物に不具合が起きた部分をその都度修理し、補うための工事です。
「小修繕」ともいい、使っていくうえで問題ない程度まで不具合を回復させます。

「改修工事」は、修繕工事を行ったうえで、住宅の機能や性能面を向上させるために改良工事を加えたものです。
デザイン性をあげることも可能で、資産価値を高めるために、古いマンションなどで良く行われる工事です。

修繕工事の時期

建物は、必ず何年で修繕工事を行わなければならないという決まりはありません。

マンションの場合は、大規模な修繕工事を12年ごとと設定していることが多いです。
理由としては、国土交通省の長期修繕計画作成ガイドラインに12年周期で修繕を行う概念図があり、建物の修繕工事を各種12年に設定している参考表があることがあげられます。

また、建築基準法の定期報告制度により、マンションの外壁は竣工10年以上経過すると全面打診を行う調査が必要となります。
これは3年以内に調査し、報告しなければならないため、報告時期より前の12年目に修繕工事を行うように設定しているとも考えられています。
法律が適用されるため、この外壁調査は修繕工事の時期に合わせて、忘れないように注意する必要があります。

戸建ての場合、工務店がオーナーに点検時期や修繕時期を定期的に知らせることが大切です。
マンションのように修繕計画を立てる管理会社がないため、オーナー自身が不具合があった段階で工務店などに問い合わせる可能性があるためです。
アットホーム株式会社が行った一戸建て修繕の調査を参考にすると、1回目の屋根や外壁の修繕工事は、約20年で実施していることが多くみられます。
修繕箇所は外壁や屋根などの外回り、トイレやお風呂場などの水回りなどが上位をしめます。

修繕工事を行う理由

修繕工事を行う理由

住宅の修繕工事を行う必要性は、主に下記の3点です。

修繕工事を行う理由
  • 安全性
  • 資産価値
  • 生活の利便性

安全性

修繕工事を定期的に行うメリットのひとつとして、安全性があげられます。
住宅は、完成したその日から劣化がはじまります。
特に外壁や屋根は紫外線にあたり、雨風にさらされるため、定期的な修繕が必要となります。
放置しておくと、台風や地震があった時に耐えられず、雨漏りやひび割れ、最悪倒壊の危険もあります。
修繕工事は、建築当初の機能まで回復させるものであるため、安全性の維持や向上に繋がります。

資産価値

住宅を修繕し維持することは、資産価値を上げることに繋がります。
新築から時間が経てば経つほど、古くなるため資産価値は下がっていきます。
いざ売りたいと思った時に、住宅の不具合を放置したことによる破損があると価値は、さらに下がってしまいます。
資産価値の低下を防ぐためにも、修繕工事は定期的に行う必要があります。

生活の利便性

新築の住宅は、その時の最新の設備が整っています。
しかし、10年20年もすれば、当時は最新だった設備が古くなることは当然です。
空調や電気など住宅設備を新しくすること、セキュリティーや駐車場などの共通の設備などがあれば最新にすることで、生活がより快適となります。

修繕工事に便利なツール

修繕工事に便利なツール

修繕工事を行う工務店などの業者は、オーナーから依頼を受けるためコミュニケーションを取りやすくするためのツールを利用すると便利です。
工務店向けのシステムはいくつかあり、さまざまな機能があります。

オーナーとのコミュニケーションツール

住宅の修繕工事の依頼を受ける工務店などは、入居者管理のためのシステムをコミュニケーションツールとして活用すると便利です。

オーナー側からすると、住宅に不具合がある度に、どこに問い合わせていいのかわからないという問題があります。
システムを利用すれば、問い合わせ先の工務店もすぐわかるようになっているため、簡単に依頼や相談ができます。
逆に工務店側がオーナーに住宅のメンテナンス時期を知らせ、コミュニケーションをとることも可能です。

活用するシステムは、インターネットが使える環境下ならば、場所を選ばずスマホやタブレットから使用可能です。
システムによっては、アプリで使用できるものもあり、チャット機能を使えるなど、よりコミュニケーションが簡単に行えます。

工務店向け業務効率化システム

入居者管理のためのコミュニケーションツール以外にも、工務店向けの業務効率化システムの導入も、修繕工事の管理に役立ちます。

工務店向けの業務効率化システムの中には、住宅ごとに定期点検の時期を知らせるアラームを設定でき、オーナーへの連絡を忘れないようにする工夫がされているものもあります。

修繕工事は、住宅を引き渡したあと、数年~数十年後と期間があきますが、システムがあれば、そのたびに顧客の情報が載っているエクセルや紙資料を見直す必要はありません。

工務店業務全般を効率化できるシステムであれば、各種帳票や工程表などの作成も簡略化できることも便利なポイントのひとつです。

まとめ

修繕工事とは、時が経つと必ず生じる住宅の不具合を、建築当初のように機能を回復させることを目的としている工事です。

修繕工事は、外壁や屋根、共有スペースや設備などについて定期的に行う必要があり、特にマンションなどの集合住宅では計画的に大規模修繕工事が行われます。
修繕工事を行わないと、受託の安全性や資産価値などに重大な影響を与えるため、必ず行う必要があります。

住宅の修繕工事は、オーナーから工務店に問い合わせが行くことも多く、コミュニケーションツールや工務店向けの業務効率化システムを導入すると便利です。

オーナーとのコミュニケーションが円滑になるため、一度システムの導入を検討することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。