無料テンプレートはこちら

スマートハウスとは?クライアントに提案すべき最新の機能

近年、増えてきているスマートハウスには、エネルギー消費量を可視化できるだけではなく、暮らしを豊かにしてくれるたくさんのメリットがあります。

今回は、スマートハウスの導入を検討している企業は必見の最新スマートハウス事情を紹介します。

スマートハウスとは?

スマートハウスとは?

スマートハウスとは、ITなど最新技術を駆使し、暮らしを便利にしてくれる住宅のことを意味します。

例えば、エネルギー使用量を可視化することで消費電力を抑えたり、太陽光発電システムなどでエネルギーを作り出したり、家庭用蓄電池によって発電した電気を蓄えたりといったことが可能です。
電力を自給自足できるため、光熱費を削減できるだけでなく、地球環境にもやさしい暮らしを実現できるでしょう。

スマートハウスは電力の自給自足ができるため、停電の際も影響を受けずに電力を使用できるというメリットがあります。自然災害の多い日本ではとても便利です。

一方で、スマートハウスを建てるためには、太陽光発電に必要なソーラーパネルや蓄電池、HEMSなどのシステムが必要なため、初期費用がかかるというデメリットがあります。
自治体によっては補助金などの制度を設けているところもあるため、スマートハウスを検討している方には提案と併せて伝えるといいでしょう。

また、最新のスマートハウスではエネルギーの可視化だけではなく、ITを用いて家電の管理を行うことで、暮らしの質を高めてくれます。最新のスマートハウスの機能に関しては後述します。

ここで、スマートハウスを知るうえで混同されがちなIoT、ZEH、HEMSとの違いを解説します。

スマートハウスとは?
  • IoTとの違い
  • ZEHとの違い
  • HEMSとの違い

IoTとの違い

IoTとは、「Internet of Things」の略で、物がインターネットにつながることを意味します。

スマートフォンやパソコンはインターネットにつながっていますが、IoTによって、冷蔵庫やエアコンなどの家電製品の状態をインターネット上で把握・操作すること、家電同士データを共有することなどが可能となります。

初期のスマートハウスは、太陽光発電などによりエネルギーをつくることや、蓄電池などでエネルギーを蓄えること、エネルギーの消費量を抑えることなどができる家のことを指してきました。
しかし、近年のスマートハウスはIoTを導入されるものが増えており、スマートハウスとIoTが同じ意味で使用されることも増えています。

双方の技術を併せることで、より利便性が高い省エネルギーな暮らしの実現が可能です。

ZEHとの違い

ZEHは「Net Zero Energy House」を省略したものです。
エネルギー消費量を可能な限り少なくした上で、必要となるエネルギー消費量と同じ量のエネルギーを自ら生み出すことで、住宅で消費するエネルギーをプラスマイナスゼロにすることができる住宅のことを指します。

太陽光発電でつくった電力を活用するという点で、ZEHとスマートハウスは似ており、省エネ住宅という点はどちらも共通しています。
コンセプトとしてはZEHは消費エネルギーを自家発電でまかなうことを目指しており、対してスマートハウスはエネルギーを賢く(スマートに)使うことを目指した住宅です。

どちらも省エネで、環境にやさしい、これからの時代に必要とされる住宅です。

HEMSとの違い

HEMSは、「Home Energy Management System」を意味します。

家庭で使うエネルギーを節約するために、システムで管理を行いながら、生み出された電気を効率的に使えるようエネルギーマネジメントを行うものです。
家電や電気設備とつなぐことにより、電気やガスなどの使用量をモニターなどで可視化したり、使用状況などにより家電機器を自動制御したりできます。

HEMSは家庭内のエネルギーをマネジメントするシステムのことで、HEMSが導入された住宅のことをスマートハウスと呼びます。

最新のスマートハウスでできること

最新のスマートハウスでできること

最新のスマートハウスには、エネルギー消費量を可視化するだけでなく、暮らしを便利にしてくれる以下のような機能があります。

最新のスマートハウスでできること
  • エネルギー消費量の可視化と省エネ対策
  • 家電管理
  • スマートロックによる防犯対策強化
  • 防災管理

エネルギー消費量の可視化と省エネ対策

住宅内の家電や住宅設備をインターネットに接続することで、どれくらいのエネルギーを消費しているのかリアルタイムで把握することができます。

また、その内容を基に、家庭内の照明や冷暖房機器などの設備機器を制御し、家庭内のエネルギー消費量を最適にコントロールすることが可能となります。

家電管理

従来のように家の照明や冷暖房機器などのエネルギーを見ることができるだけでなく、エアコンや照明を外出先から操作できます。
そのため、帰宅時間に合わせてエアコンや照明を着けられるほか、出先で消し忘れに気づいても、いつでも消すことができます。
帰宅後に家の中が暑く不快に感じたり、寒くて堪えたりすることもありません。

また、給湯器を操作して好きなタイミングでお風呂を沸かすことも可能です。
その他にも、カーテン開閉の自動化や掃除の自動化、冷蔵庫内の食品の適量計算などさまざまな管理・自動化ができるため、暮らしが便利になるでしょう。

スマートロックによる防犯対策強化

スマートロックは、スマートフォンで現在のドアの施錠状況を確認できます。もし閉め忘れていたら、遠隔で施錠することも可能です。いつでもどこでも家の鍵を開け閉めすることができることは安心でしょう。

インターフォンを遠隔操作することも可能なため、親が不在の際に子どもが帰宅しても、インターフォンから話しかけることもできます。

防災管理

気象情報や停電・断水情報などが随時スマートフォンに届くため、急な天候の変化などで心配なときも、遠隔操作により外出先からシャッターを閉められます。

停電時でも蓄電池にためておいた電気を使用でき、冷蔵庫、トイレ、照明、給湯器、ガスコンロが使えるほか、コンセントから電源を取ることもできます。停電時も安心して住み慣れた家で暮らせます。

スマートハウスをおすすめすべきお客様

スマートハウスをおすすめすべきクライアント

ここで、どんなお客様にスマートハウスがおすすめなのか解説します。

スマートハウスをおすすめすべきクライアント
  • 効率よく便利な暮らしがしたい人
  • 災害に強い家に住みたい人
  • 環境にやさしい家に住みたい人
  • セキュリティ対策のしっかりした家に住みたい人

効率よく便利な暮らしがしたい人

家電をIoT化することにより、スマートフォン一つでエアコン、給湯器、照明などを外出先から操作できるほか、カーテンや掃除機、冷蔵庫などさまざまなものを自動化できます。

AIや光を感知するセンサーなどを導入したカーテンであれば、朝、カーテンを自動で開けて陽の光を室内に取り込んだり、日が暮れると自動で閉めたりする機能などもあるため、便利です。

家電をIot化することで、時間を無駄にせず効率的で便利な暮らしを送ることが可能です。

災害に強い家に住みたい人

気象情報や災害情報をリアルタイムにスマートフォンで把握できるほか、遠隔でシャッターの開け閉めができるため、外出先で天気が悪いとき、警報が出たときにいつでもシャッターを閉めることが可能です。

また、停電したとしても蓄電池に貯めた電気を使用できるため、冷蔵庫、トイレ、照明、給湯器、ガスコンロが使えるほか、コンセントから電源を取ることもできます。

スマートハウスは一般的な住宅に比べ、災害にも強い住宅といえるでしょう。

環境にやさしい家に住みたい人

スマートハウスは初期費用はかかりますが、太陽光発電システムなどでエネルギーをつくれるだけでなく、家電の電力使用状況を把握・自動管理できるため、環境にもやさしい家です。

一般的に電力会社から供給される電気を使う場合は、火力発電で発電された電気が大部分を占めています。
火力発電は燃やすための燃料が必要なほか、二酸化炭素を多数排出するため、環境にやさしい発電方法とはいえません。

しかし、スマートハウスのように自宅で使う電気は自宅で発電・電力消費量を管理することは、環境にやさしく、これからの時代に必要とされる住宅です。

セキュリティ対策のしっかりした家に住みたい人

家族全員が留守になりがちな家庭では、日が暮れ暗くなると、自宅に誰もいないことが外部からわかってしまいます。

遠隔操作で照明を利用すれば、住人が居るかのように見えて防犯上の効果も期待できるだけでなく、帰宅後に家の中が真っ暗という状況も避けられます。

さらに時間帯によって自動で明るさを調整でき、不在時にも安心です。玄関の施錠状況なども遠隔で把握することもできます。
また不在時に子どもの帰宅状況なども把握して、家族が一緒にいなくても安心できるでしょう。

まとめ

今回は、最新のスマートハウスで何ができるのか、どんな人におすすめなのかをご紹介しました。

スマートハウスにはたくさんのメリットがあるため、導入を検討している企業や、お客様にスマートハウスを提案しようと考えている企業は最適な機能を提案できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。