無料テンプレートはこちら

ホームオートメーションとは?導入のメリット・デメリットと最新機能

近年、私たちの生活の中に当たり前のように導入されてきているホームオートメーション。

具体的にどのようなものを指すのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなホームオートメーション導入のメリット・デメリットや最新のホームオートメーションでできることを紹介します。

ホームオートメーションとは?

ホームオートメーションとは?

ホームオートメーションは、別名「ホームエレクトロニクス」とも言われます。住宅内のさまざまな機械・機器を自動でコントロール・動作することができるシステムのことを指します。
大きく分けて、省エネルギー化の促進を目的とした家電の自動制御などを行う「ホームコントローラー機能」と非常事態の発見をする「ホームセキュリティ機能」があります。

ホームオートメーションにより、生活の質やセキュリティ対策、エネルギー効率などを改善することが可能です。

以下では、ホームオートメーション普及の背景と、ホームオートメーションでできることについて説明していきます。

ホームオートメーションとは?
  • ホームオートメーション普及の背景
  • どこでも家電の管理ができる
  • セキュリティの強化ができる
  • 離れた家族を見守ることができる

どこでも家電の管理ができる

ホームオートメーションを活用することで、出先でも家の中を管理することができます。 家電をインターネットで繋ぐことにより、照明や冷暖房機器などの状態をいつでもスマートフォンなどで見ることができるだけでなく、エアコンや照明を外出先から操作できます。

そのため、帰宅時間に合わせてエアコンや照明を着けられるほか、出先で消し忘れに気づいても、いつでも消すことができます。帰宅後に家の中が暑く不快に感じたり、寒くて堪えるといったこともありません。

また、給湯器を操作することで、好きなタイミングでお風呂を沸かすことも可能です。その他にも、カーテン開閉の自動化や掃除の自動化、冷蔵庫内の食品の適量計算などさまざまなことの管理・自動化ができるため、暮らしが便利になります。

セキュリティの強化ができる

ホームオートメーションは、ホームセキュリティ対策にもなります。
セキュリティ会社と契約を結ぶことで、異常の感知や警報システム、住宅内監視システムなどを利用することができます。

住宅がセキュリティ会社とつながることで、センサーが異常信号をセキュリティ会社に送信するという仕組みで、外出中であっても自宅の緊急事態に対応することが可能になります。

住宅内監視システムを利用することで、仕事先で留守番中の子供の様子を見守ることもできるため、安心して留守番を任せることができます。

離れた家族を見守ることができる

近頃は高齢の家族と離れて暮らしている方も多いですが、ホームオートメーションの導入により、遠隔地の設備制御や監視が可能になることで、高齢者の状態を確認することができます。

例えば、部屋の温度が高くなれば遠隔操作で冷房を起動させるなど、空調管理が可能になります。また、高齢者の体調が悪化し、動きが普段よりも少ない場合は、それを検知して異常信号が送られてきます。つまり、高齢者を見守るだけではなく、コミュニケーションを図ることができるようになります。

ホームオートメーションのメリット・デメリット

 

ここまでは、ホームオートメーションでできることや普及の背景について説明しました。
以下では、ホームオートメーション導入によるメリット・デメリットを紹介します。

ホームオートメーションのメリット・デメリット

 

  • 省エネな生活を実現
  • コストの削減
  • 生活が便利になる
  • 導入の費用が高額
  • インターネットの接続状況の影響を受ける

省エネな生活を実現

ホームオートメーション化することで、これまで検針をするまでわからなかった電気やガスの使用量が、タブレットやスマートフォンなどを利用してリアルタイムでわかります。そのため、使用している家電のどれが電力を消費しているのか確認することができ、より節電への意識を高めることができます。

また、室内の温度が一定以上になったら空調を起動させたり、切ったりすることができるため、身体にも環境にも優しい暮らしを実現できます。

コストの削減

ホームオートメーションを導入し機械に管理を任せることにより、ついつけっぱなしにしてしまっていた使っていない家電などを自動で消してくれます。そのため、無駄なコストを削減することができます。

また、古い電化製品は消費電力が大きいことも多いですが、電力をリアルタイムで可視化できることにより、買い替えるべき家電を見つけ、より消費電力の少ない家電に買い替えることで長期的なコストの削減にも繋がります。

生活が便利になる

ホームオートメーションを導入することにより、家電だけでなく、扉・窓・カーテンの開閉や部屋の照明・空調の制御をコンピューターで行えるようになるため、さまざまな場面で生活の手間が省けます。

例えば、時間に合わせて照明を調節したり、カーテンの自動化を設定しておくことで、留守の際も外からわからないようにすることも可能です。

導入の費用が高額

ホームオートメーションの導入は、高額な費用がかかるというデメリットがあります。
ホームオートメーションに必要なものの費用だけではなく、設定にも別途費用がかかる場合もあるため、施主様に提案する場合は費用の総額を確認しておきましょう。

インターネットの接続状況の影響を受ける

ホームオートメーションはインターネットへの接続が必要なため、接続が不安定だと利用が難しいというデメリットもあります。

住宅の周辺環境によっては、無線LANやWi-Fiの電波が飛びにくい場所もあるため、施主様が導入を検討している場合は、事前に住宅周辺のインターネット環境を確認しておきましょう。

ここまでできる!最新のホームオートメーション

スマートハウスで取り入れられつつあるホームオートメーションですが、最新のホームオートメーションでは下記のような便利な機能を持つ以下のようなものもあります。

ここまでできる!最新のホームオートメーション

 

  • 自動で温度を調整するマットレス
  • 植物への水やりや管理を行うシステム
  • 自動で記入するホワイトボード

自動で温度を調整するマットレス

冬場は室温が低いと布団が冷たくなるため、湯たんぽや電気毛布を利用する方も多いことと思います。

しかし、スマートベッドカバーを使用すれば、それらは必要なくなります。スマートベッドカバーは、ベットのカバー自体がが事前に温かくなり、寝るときに心地良い温度になってくれます。

また、ただ自動で温かくなるだけではなく、睡眠時間を記録したり、照明を消し忘れて寝てしまった場合に、自動で照明を消してくれたりもする、人の睡眠をサポートしてくれる大変便利なベッドカバーです。

植物への水やりや管理を行うシステム

スパイク型のセンサーを土に刺すことで、土中の成分解析や水分の監視、日当たり状況のチェックや給水管理までを任せることができるシステムがあります。Wi-Fiを通じてスマートフォンからも操作・監視ができるほか、クラウドに情報がアップロードされ、データベースとして蓄積・分析されます。

分析により植物に応じた育成アドバイスを行うなど、単なる監視ツールを超えた働きをしてくれます。

5000以上の植物データベースの事例と土や環境の状態を分析し、その土地に植えるのに適した植物の推薦まで行うことも目指しているようです。

自動で記入するホワイトボード

あなたの書いたイラストや文字を、代わりにペンで描いてくれる、FAXのような役割を果たすホワイトボードもあります。

文字や絵のデータを転送すると、ホワイトボードについたアームがホワイトボードに自動で描いてくれます。

離れている人とのコミュニケーションツールとしても良いですし、カフェなどのディスプレイなどにも使うことができ便利です。

まとめ

スマートフォンの普及に伴い、多くの家で導入されるようになってきたホームオートメーション。今回はその機能やメリット・デメリット、最新のホームオートメーションでできることについて解説しました。

電気や空調の自動調整だけでなく、ベッドの温度や植物の育成なども自動化することができるとは、近未来生活のようですね。

導入に費用がかかるというデメリットはありますが、ホームオートメーションは生活を豊かにしてくれるものです。

ものによっては、新築時の工事で取り入れるものや、後付けのものもあります。
将来的にホームオートメーションを検討している施主様の場合は、後からホームオートメーションに対応できる住宅の設計を提案しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。