工事原価管理システム e2movEとは?機能や料金、評判・口コミを紹介

e2movE(イー・ツゥー・ムーブ)とは、建設・工事業向けERPパッケージです。

e2movEの中でも『e2movE 工事管理』は実行予算管理や原価管理、支払管理など建設業・工事業のお金に関わる業務全てに対応可能です。

本記事では、建設業・工事業の原価管理に最適な『e2movE 工事管理』の機能や評判・口コミを紹介します。

e2movEとは?

【引用】e2movE-YouTube

『e2movE 工事管理』はe2movEの中でも、建設業・工事業向け原価管理に特化したパッケージです。

実行予算管理から工事の採算や進捗状況の把握、協力業者へのから原価計上、計上された原価をもとにした支払管理までワンストップで行えます。

「売上同時入力」により、売上と仕入を同時に登録できるため、入力の手間が少なくなるだけでなく、仕入れたものをどこに販売したのか追跡しやすいです。

またシステム継続率は98.2%で、導入したほとんどの会社が利用を継続しています。

会社概要

e2movEを設計・開発・運用・サポートをしている三谷商事株式会社は、1914年3月に創業しました。

会社概要は下記の通りです。

会社名三谷商事株式会社 MITANI CORPORATION
創業1914年3月
設立1946年3月20日
代表者代表取締役社長 三谷 聡
資本金50億869万円
株式東京証券取引所株式上場(市場第二部)
内容●情報システム
各種コンピュータシステム・ネットワーク・ソフトウエアの設計・開発・運用・サポートを含めたトータルソリューションを中心としたシステムインテグレーション(SI)事業及びそれに伴うコンピュータ機器の販売。
画像処理システムの開発・販売。各種パッケージアプリケーション開発。インターネット事業。
※ISO9001、27001認証取得

●建設
セメント、生コンクリート、外壁材、アルミサッシ、コンクリート2次製品、環境製品などの各種建設資材の販売・施工管理

●エネルギー
揮発油、工業用・民生用灯油、軽油、重油など各種石油類、合成樹脂、化成品など石油化学製品、LPG、石炭、熱供給システムの販売

●その他
風力発電事業、産業用機械、工業用機械、店舗設備、リース、レストラン経営、シニアライフ事業など
本社福井本社 : 福井県福井市豊島1-3-1
東京本社 : 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング2F
売上高連結売上高:3,800億3,400万円
※平成30年3月期
経常利益連結経常利益:175億6,100万円
※平成30年3月期
従業員数連結 2,555名 単体 668名
※平成29年3月末現在
【引用】会社概要-e2movE

e2movEのサービス

e2movEのサービス

『e2movE 工事管理』はのサービスを下記の用途別に解説します。

e2movEのサービス
  • 案件管理
  • 実行予算管理
  • 原価管理
  • 支払管理
  • 未払見込入力
  • 工事状況照会

案件管理

案件を受注したら、下記を入力します。

  • 物件情報
  • 契約情報
  • 予算情報
  • 回収予定情報

上記の情報をもとに、「受注工事台帳」を出力可能です。

実行予算管理

実行予算は、工種別に登録することで、予算に対する原価実績を把握可能です。

また実行予算の回数も管理でき、対象工事の実行予算増減管理に役立ちます。

原価管理

実行予算の明細に仕入先を登録しておくと、実行予算の明細内容を発注データとして活用できます。

実行予算が工事原価と連動するため、同じ入力を何度も行う必要はありません。

また工事原価に連動した、下記の書類を出力可能です。

  • 注文書
  • 注文書(控)
  • 注文請書

支払管理

協力業者から納品書・請求書などをもとに、工事原価・仕入金額を入力すると、原価実績と支払査定へ連携します。

また同時に、仕分データの生成も行われるため、手動での仕訳作業がなくなり、手間を削減可能です。

未払見込入力

工事を売上にする際は、未払分(来月以降に支払する予定の金額)を原価に入力します。

発注分は注文No.ごとに入力し、契約外については下記の項目ごとの入力が必要です。

  • 仕入先
  • 工種
  • 要素

また、完成工事処理では、既発生した原価額と今回入力分の未払総額で、完成工事原価が計上されます。

工事状況照会

工事状況照会
【引用】工事原価管理システム「e2movE 工事管理」-e2movE

工事状況照会(詳細画面)から、各照会画面へとドリルダウンします。

ドリルダウンとは、データをより詳細に分析するための手法の1つです。

例えば、各年が表示されているデータを、特定の年に絞りさらに、月別のデータを表示するような操作を指します。

総額で表示された内容を、下記の明細ごとに詳細を確認可能です。

  • 実行予算入力
  • 発注明細照会
  • 売上明細照会
  • 入金明細照会
  • 工事出来高請求明細照会
  • 工事原価元帳照会

e2movEの特徴

e2movEの特徴

e2movEの特徴は、下記4つです。

e2movEの特徴
  • 建設業界で30年の実績
  • クラウド型
  • IT導入補助金2021の活用
  • 他社システムとの連携

建設業界で30年の実績

e2movEは建設業界で30年の実績があります。
営業だけでなく、営業支援やエンジニアも建設業界を理解しており、業界特有の課題に対しても適切なアドバイス提案が可能です。

また、システム継続率は98%となっており、1度導入したら手放せないシステムとなっています。

クラウド型

e2movEはクラウド型も提供しています。

クラウド型は、手間の掛かるシステム管理は不要で、日々のバックアップも自動でスケジュールされ、さらにハードウェアの部品保持期限や保守を気にする必要はありません。

Windowsデスクトップアプリの操作性と変わらないため、すでにe2movEを導入している方でも、違和感を覚えずに使用可能です。

IT導入補助金2021の活用

e2movEはIT導入補助金対象ツールに認定されています。

ITツールを導入する際に、最大450万円の補助金が補助されるため、お得にITツールの導入が可能です。

また、公式サイトのシミュレーションによると、IT補助金を活用すると下記のように負担額が軽くなります。

IT補助金を活用した場合の実質負担額
  • 120万円の工事原価システムが実質負担額60万円で取得可能
  • 480万円の工事会計システムが実質負担額160万円で取得可能

IT導入補助金交付申請の流れは、下記の通りです。

IT導入補助金交付申請の流れ
  1. 相談
  2. 交付申請・審査
  3. 交付決定
  4. 製品購入
  5. 補助金額の決定
  6. 証憑提出
  7. 補助金の交付
  8. 導入効果の報告

交付申請するためには、損益計算書や法人税の納税証明書などの書類が必要となるため、詳しくは公式サイトより、お問い合わせください。

他社システムとの連携

e2movEは他社システムとの連携が可能です。

すでにシステムを導入している場合はもちろん、e2movEと最適な商品を組み合わせて、導入コストの削減や業務効率を図ることもできます。

連携可能なシステムは下記の表を参照してください。

システムの種類システム名販売元
会計システム財務会計システム
【勘定奉行】
株式会社オービックビジネスコンサルタント
販売管理システム販売管理・在庫管理システム
【アラジンオフィス】
株式会社アイル
経費精算システム経費精算システム
【楽楽精算】
株式会社ラクス
クラウド連携システムOracle Cloud Infrastructure日本オラクル株式会社
【出典】他社連携ソリューションのご紹介-e2movE

e2movEの料金

e2movEの料金

e2movEの料金は、公式サイトに記載はありません。

公式サイトによると「構成により変動します。別途お問い合わせください」とのことです。

e2movE導入の流れ

e2movE導入の流れ

e2movE導入の流れは、下記の通りです。

e2movE導入の流れ
  1. 問い合わせ   e2movEのホームページより電話・メールで問い合わせます。
  2. オンラインデモ オンラインデモを行いながら課題をヒアリングします
  3. 提案・見積り  ②をもとに最適な提案と見積りがあります。
  4. 契約      ③に納得できたら契約となります。
  5. サイト構築   契約内容に基づいてサイト構築を行います。
  6. 運用開始    運用開始日は事前に相談が必要です。

また公式サイトでは、快適運用のため「ブロードバンド通信(VPN)」を勧めています。

e2movE利用者の本音をチェック!

e2movE利用者の本音をチェック!

e2movEの利用者は、どのような本音を持っているでしょうか。

導入前に、評判と口コミをチェックしましょう。

e2movEの口コミ

システムはなにせ古かったものですから、トラブルが一度起こると大変だったのですが、
『e2-movE』は本当に手がかかりませんね。
業務に合わせてカスタマイズしたのでシステムの移行もスムーズでしたし、何より必要な機能だけ選べてコストを調整できるのがいいですよね。

【引用】清水建設株式会社様-導入事例

システムの入れ替えにあたり、使い勝手が良くなるよう30項目以上の要望を出しました。
特に浄化槽管理は取引のある金融機関の種類が多いのですが、口座別の入金照会用画面を作っていただき、過去の履歴も見やすくなりました。

【引用】株式会社トスマク・アイ様-導入事例

現場の社員には大きな負荷をかけることなく新システムへの移行が実現し、一括または選択したデータを複数まとめて抽出と出力が可能になるなど、データを抽出することが飛躍的に向上し、会議資料の作成時間を大幅に短縮することができました。

【引用】日本エンジニアリング株式会社様-導入事例

担当者さんとはトラブル対応で夜遅くまでご一緒することもあり「同志」といえる間柄です。建設業の専門用語や業務の進め方にも精通していらっしゃいますね。 今回の取材で、建設業経理士の資格を取っていると初めて知りました。
以前から「経理のことをよく知っているなあ」とは思っていましたが、資格まで取っていたとは驚きです。

【引用】ナカバヤシグループ 中林建設株式会社様-導入事例

結論:e2movEの総合評価は★★★★☆

e2movEは、システムトラブルがなく手間が掛からない点を評価されています。

さらに、現在の業務にシステムを合わせる、口座別の入金照会用画面を作れるなどカスタマイズ性を評価する口コミも見られました。

またデータの出力と抽出がまとめて可能になり、会議資料作成の時間が短縮になるといった、業務の効率化にも貢献すると評価されています。

e2movEの担当者は、自社の製品だけでなく、専門用語や業務の進め方にも精通しているとの声もありました。

e2movEは機能の充実だけでなく、建設業経理士などの有資格者がおり、建設業界に詳しいスタッフが揃っているため、機能とサポートの2つの点から長期間使用できるシステムといえるでしょう。

まとめ

e2movEは、建設業・工事業向け原価管理システムです。

実行予算管理から工事の採算や進捗状況の把握、協力業者へのから原価計上、計上された原価をもとにした支払管理までワンストップで行えるのが特徴です。

口コミでは、カスタマイズ性の高さを評価するものが多く、会社の規模や仕事内容によらず使用できるシステムといえます。

また建設業界で30年の実績があり、システム継続率は98.2%で、導入したほとんどの会社が利用を継続しており、導入後の不満が少ないシステムといえるでしょう。

原価管理だけでなく、業務全般の効率化を図りたいならば、業務効率化ツールの導入もおすすめです。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です