リフォーム統合管理システムSAKSAKとは?機能や料金、評判・口コミを紹介

SAKSAK(サクサク)は、リフォーム業や建築業に特化した統合管理システムです。

営業進捗管理、販売管理、入金管理、原価管理、見積書作成、商談や顧客管理システムなど、全ての機能を一元化管理できます。

また粗利益管理ノウハウを持っており、低利益率工事や赤字工事を減らすことも可能です。

本記事では、総合管理システム『SAKSAK』の機能や評判・口コミを紹介します。

SAKSAKとは?

【引用】saksak-YouTube

SAKSAKは、リフォーム業や建築業向けに作られている統合管理システムです。

営業進捗管理、販売管理、入金管理、原価管理、見積り書作成、顧客管理など、従来は属人化していた業務も、会社全体で共有・管理ができます。

見積りや予算、発注や請求が連動しているため、重複している項目を何度も入力する手間がなく、業務の効率化が可能です。

スマホに完全対応しているため、事務所でしか行えなかった業務も、ネット環境さえ整っていれば場所を選ばずに、確認・処理ができます。

申告・承認のポイントを設けられ、経営者は現在の業務フローを変えることなく、システムの導入が可能です。

SAKSAKは独自の粗利益管理ノウハウを持っており、赤字工事や低い利益率の工事を減らすことができます。

会社概要

SAKSAKの開発・販売・サポートを行なっている、株式会社DATAKITは2003年4月28日に設立されました。

会社概要は下記の通りです。

社名株式会社 DATAKIT
所在地〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町83 三宮センチュリービル401
TEL:078-393-8585  FAX:078-393-8588
Mail:info@datakit.co.jp
代表者代表取締役 喜多庸元
設立2003年4月28日
資本金500万円
HPhttps://www.datakit.co.jp/
加盟団体神戸商工会議所
microsoft登録パートナー
JACK
事業内容「リフォーム統合管理システムSAKSAK」の開発・販売・サポート
システムおよびソフトウェアの受託開発
業務コンサルティング
【引用】会社概要-SAKSAK

SAKSAKのサービス

SAKSAKのサービスは基本機能とオプション機能に分かれており、用途別に紹介していきます。

SAKSAKのサービス
  • 基本機能
  • オプション機能

基本機能

SAKSAKの基本機能は下記の通りです。

SAKSAKの基本機能
  • 顧客管理
  • 営業進捗管理
  • 見積り管理
  • 販売管理(工事管理)
  • 入金管理
  • 原価管理

顧客管理

下記のような1度関係を持った顧客の情報は、全てデータベースに保存されます。

  • 過去に取引があった顧客
  • 契約前の商談中の顧客
  • 現在工事を請け負ってる顧客
  • 商談が停滞している顧客
  • 契約が不成立になった顧客

登録された顧客情報は、だれでも、いつでも取り出し可能です。

顧客から問い合わせがあっても、担当者に状況の確認を行うことなく、誰でもスムーズに対応可能です。

【無料】建設業界向け顧客管理ツール9選!選ぶポイントも

営業進捗管理

現在進行中の案件はトップ画面に状況別で一覧表示されるため、管理者は全ての案件の状況を一目で把握できます。

営業担当者は、担当案件のスケジュールを確認でき、うっかりミスを減らすことが可能です。

商談履歴は記録でき、管理者は案件ごとの状況を確認しながら、成約までのサポートを的確に行えます。

また顧客からの電話やクレームはトップ画面に表示されるため、対応を忘れて大ごとになるといった事態を防ぐことが可能です。

見積り管理

過去の見積りを会社全体で共有できます。
作成したい工事見積りの仕様に近い明細を検索できるため、見積り作成の時間が短縮でき、経験年数の浅い方でも、正確な見積りを作成可能です。

見積り書は責任者の承認なしでは、印刷できません。
見積りを必ず責任者がチェックすることで、積算ミスによる利益率低下を未然に防ぎます。

また見積りは、当月の受注見込み額に反映されるため、予算の達成度がリアルタイムで把握可能です。
さらに見積りの内容が予算作成にも連動します。

契約後の実行予算をもとに発注書を作成できるため、二重入力する手間はありません。

販売管理(工事管理)

下記4段階をマイルストーンと設定し、粗利低下防止を仕組み化しています。

4段階のマイルストーン
  1. 受注時
  2. 予算作成時
  3. 発注時
  4. 完工時

ビジネスにおける「マイルストーン」とは、プロジェクトの中間目標を指します。

上記4段階の粗利管理により、現在進行中の現場の粗利も常に把握可能です。

また下記のような変化にもリアルタイムで対応し、完工時の粗利を予測・警告表示できるため、粗利低下や赤字工事の対策を早急に行えます。

  • 追加発注
  • 仕様変更
  • 工期変更

責任者が承認していない、予算から発注書を作成できない仕組みになっているため、予算作成時から、ミスを防ぎ粗利益の確保を徹底します。

【建設業界】完成工事総利益(粗利益)を増やす方法と注意点を解説

入金管理

入金予定日と予定金額を分けて登録できるため、各契約情報を開かなくても現在の入金情報を把握可能です。

また入金実績や入金の遅れ、予定金額との相違など画面上で知らせる機能があり、問題がある場合すぐに対処できます。

原価管理

実行予算の作成は、見積り書の予定予算データに基づいて作成されるため、手動での転記作業をなくし、入力漏れなどの人的ミスを防ぐことが可能です。

入力された予算を選択し協力業者を指定するだけで、簡単に発注書を作成可能で、発注書作成の手間が大幅に削減されます。

協力業者からの請求書の内容は、発注書作成時に入力した内容を検索し、ボタン1つで簡単に転記可能です。
簡単に転記できるため、発注書の件数が多くても人員を増やすことなく処理できます。

工事原価管理の方法と管理システムの選び方

工事原価とは?構成費用や管理方法、原価率についても解説

オプション機能

オプション機能は下記の通りです。

SAKSAKのオプション機能
  • 点検管理
  • タスク管理
  • カレンダー
  • アンケート・集計

点検管理

物件引き渡し時に、点検予定を登録しておくと点検スケジュールを表示することができ、アフターフォローを忘れることなく行え、顧客との関係が途切れません。

点検の内容も保存でき、毎回過去の内容を確認したうえでアフターフォローができるため、担当者が変わってサービスの質を保てます。

タスク管理

日々の業務で発生するさまざまなタスクの登録が可能です。
案件ごとのタスク追加が可能で、顧客からの頼まれごと、期日が決まっている業務などをしっかり管理できます。

案件ごとの管理画面に、登録したタスクが表示されるため、担当者は表示されているタスクを処理していけば、重要な業務を忘れるというミスを防止できます。

さらにタスクが終わったら完了のチェックを入れていくため、実行済みのタスクと未実行のタスクを分けることも可能です。

カレンダー

さまざまな予定をカレンダーに一覧表示できます。

担当者ごとの絞り込みも可能なため、個人のスケジュール管理も簡単です。

アンケート・集計

顧客のアンケート結果を保存できます。

あらかじめアンケート内容を登録ができるため、アンケート用紙を大量に紙で保存する必要はありません。

また入力内容は出力が可能で、エクセルデータなどで加工して利用も可能です。

SAKSAKの特長

SAKSAKの特長

SAKSAKの特徴は下記4つです。

SAKSAKの特長
  • ASP方式
  • 200社以上の導入実績
  • 独自の利益管理
  • 充実のアフターサポート

ASP方式

SAKSAKはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼ばれるアプリをインターネット通じて、利用する方法でサービスを提供しています。

自社でサーバーを用意する場合、規模にもよりますが、数百万円から数千万円の費用が掛かり、導入のハードルが高いです。

ASP方式であれば、サーバー購入や維持・メンテナンスの費用を負担する必要はなく、予算に余裕のない中小企業でも安価に便利なサービスを利用可能できます。

200社以上の導入実績

SAKSAKは、200社以上のリフォーム・建築業界の会社に導入されています。

多くの会社が抱える悩むを解決してきた実績があり、ITシステムを初めて導入する会社でも安心して利用することができるでしょう。

独自の利益管理

SAKSAKは独自の粗利益管理ノウハウを確立しています。

粗利益が低下するポイントは下記4つとし、常に数字を把握・管理できる仕組みを構築しています。

4段階のマイルストーン
  1. 受注時
  2. 予算作成時
  3. 発注時
  4. 完工時

完工時の粗利を予測し、警告表示もできるため、粗利益低下や赤字工事になりそうな場合は早急に対策を取ることが可能です。

【建設業界】完成工事総利益(粗利益)を増やす方法と注意点を解説

充実のアフターサポート

導入後の操作方法や不具合についての質問や問い合わせは、下記の方法で無料対応しています。

  • 電話
  • FAX
  • メール

また、有償で新入社員の採用時期に合わせて、システムの概要や操作方法に関しての研修を行っています。

さらにSAKSAKを導入するとバージョンアップは無償で実施され、いつでも最新版を利用可能です。

SAKSAKの料金

料金プラン
【引用】料金-SAKSAK

SAKSAKには、下記3つの料金プランがあり、会社の規模や目的に合わせてプランを選べます。

SAKSAKの料金プラン
  • SAKSAKリミテッド
  • SAKSAKスタンダード
  • SAKSAKプレミアム

SAKSAKリミテッドでは、下記の機能が使えません。

  • 営業進捗管理:失注・解約申告・承認
  • 見積作成:申告・承認
  • 販売管理:予算申告・承認、追加予算申告・承認、工事内容変更時申告・承認
  • 入金管理:入金予定変更権限
  • 制限:アクセス制限、印刷制限、入金予定変更操作、工期延長操作
  • セキュリティ:操作権限
  • 情報画面:個人別問合情報画面、個人別契約管理画面

また、SAKSAKリミテッドとSAKSAKスタンダードには、下記の機能をオプションとして追加できます。

  • 見積作成:外部見積データインポート
  • メンテナンス管理:保証書発行
  • メンテナンス管理:顧客アンケート入力・集計、定期点検/OB訪問登録・記録
  • タスク管理:タスク登録 タスク完了チェック

SAKSAKプレミアムには、「保証書発行」意外の全てのオプション機能が含まれています。

機能について詳しくは、3つのプランの仕様を比較している表をご覧ください。

また、オプション料金は下記の表を参照してください。

オプション料金
【引用】料金-SAKSAK

SAKSAKプレミアム

SAKSAKプレミアムは、顧客数が1,000を超える会社向けのプランです。

初期導入費は、¥778,000(税込¥840,240)となっており、1アカウントあたりの月額サービス利用料は¥26,000(税込¥28,080)となっています。

SAKSAKスタンダード

SAKSAKスタンダードは「スタッフ数6名以上、年商2億円以上」の会社向けのプランです。

初期導入費は、¥578,000(税込¥624,240)となっており、1アカウントあたりの月額サービス利用料は¥22,000(税込¥23,760)〜となっています。

SAKSAKリミテッド

SAKSAKリミテッドは「スタッフ数2~6名、年商1億円程度」の会社向けのプランです。

初期導入費は、¥378,000(税込¥408,240)となっており、1アカウントあたりの月額サービス利用料は¥15,000(税込¥16,200)〜となっています。

SAKSAK導入の流れ

SAKSAK導入の流れ

SAKSAK導入の流れは下記の通りです。

  1. 問い合わせ SAKSAKのホームページから問い合わせをします。
  2. 体験デモ  画面の確認や操作を体験可能です。  
  3. 申し込み  申込用紙に必要事項を記載し、郵送します。
  4. 導入    申込から最短で10から15営業日程度で導入されます。
  5. 運用開始  充実のアフターフォローで、SAKSAKの定着をサポートしてくれます。

動作環境

SAKSAKはパソコンやスマホ、タブレットとインターネット環境があれば、どこでも利用可能です。

また対応ブラウザは下記の通りです。

対応ブラウザ
  • safari
  • chrome
  • Internet Explorer

SAKSAK利用者の本音をチェック!

SAKSAK利用者の本音をチェック!

SAKSAKの利用者は、どのような本音を持っているでしょうか。

導入前に、評判と口コミをチェックしましょう。

SAKSAKの口コミ

ちゃんと入力していればいるほど、お客様からの電話対応は非常にスムーズです。「あの件ですね? あのときの、この内容ですね?」みたいに、メンテ対応がきちんとできるんですよ。

【引用】リブウェル株式会社様-住宅リフォーム経営コンシェルジュ

これ(SAKSAK)がなかったら、本当守れないですもんね、粗利益。この業界って、以前はそれこそざくっとしていても儲かっていたのに、今は細かいところまでシステム化、仕組み化しないとなかなか儲けが出ない業態になってきています。

【引用】株式会社匠和美建様-住宅リフォーム経営コンシェルジュ

入金などの管理もしっかりできるし、顧客情報をしっかりと活用すれば、もれなく営業力の底上げになるっていう、顧客管理、粗利管理システムではあるけれども、リフォーム事業全体をカバーできるようなシステムになっているんじゃないかと感じましたね。

【引用】株式会社大建建設様-住宅リフォーム経営コンシェルジュ

結論:SAKSAKの総合評価は★★★★☆

情報が蓄積され、活用できる点が評価されています。
SAKSAKに情報が集まると、顧客からの電話対応は誰でもスムーズに行うことが可能です。

顧客情報を活用すれば、営業力の底上げにもなるとの口コミもあり、人員に余裕のない会社ほど導入するメリットが多いシステムといえるでしょう。

SAKSAKの導入によって粗利益率が向上したとの口コミもありました。
導入以前より5〜7%も粗利率が向上した会社もあり、粗利率を改善したい会社は導入を検討してもよいシステムといえるでしょう。

【AnyONE(エニワン)編】料金や口コミは?気になる工務店向けサービスを徹底調査!

まとめ

SAKSAKは、リフォーム業や建築業向けに作られている統合管理システムです。

営業進捗管理、販売管理、入金管理、原価管理、見積書作成、顧客管理などを会社全体で共有・管理ができます。

3つのプランがあり、大企業から中小企業までさまざま会社で利用可能です。

バージョンアップは無料で行なっており、いつでも最新版を利用できます。

また独自の粗利益管理のノウハウを持っており、赤字工事や低い利益率工事を減らせるだけでなく、粗利率の改善も行えるシステムです。

リフォーム業や建築業向けの業務効率化システムは、多くの会社が提供しています。

自社に合うシステムを導入するためには、しっかりと比較検討することが大切です。

建築現場博士がおすすめする工務店・建築業界の業務効率化ソフトはAnyONEです。
導入実績2700社超の業界No.1基幹システムで、国交省「第一回 長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されています。

Excelのような操作感で、レイアウトもマウスで変更できるため、ITが苦手な方でも簡単にお使いいただけます。
また、システムの導入後も徹底的なサポートを受けられるため、安心して運用できるでしょう。

大手・中堅企業様から一人親方様まで規模感を問わず、業務状況に合わせて様々な場面でご利用いただけます。

AnyONEで効率化できる主な業務
  • 顧客管理
  • 工事・施工管理
  • 見積もり・実行予算・発注管理
  • 入出金管理
  • アフター管理
AnyONE
【引用】AnyONE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です